• トップ
  • ニュース一覧
  • 5-0で圧勝と理に適った戦い方で東京ヴェルディを窒息させたFC町田ゼルビア。チームの一体感は最高レベルにある【コラム】

5-0で圧勝と理に適った戦い方で東京ヴェルディを窒息させたFC町田ゼルビア。チームの一体感は最高レベルにある【コラム】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年05月19日

守備の組織美を生み出している一因が…

チームの一体感を見せつけた町田。写真:永島裕基

画像を見る

 2024年5月19日、FC町田ゼルビアがホームで東京ヴェルディと対戦。結果、町田は申し分のない戦いぶりで5-0と圧勝した。ここまでリーグ戦で11戦無敗(3勝8分)だった東京Vを破って勝点3を獲得した意味は大きいだろう。

 立ち上がりは東京Vにやや押し込まれながらも持ち前の堅守で凌ぐと、その守備で徐々に呼吸を整えた町田は5分あたりから自慢の速攻を発動させる。そして敵最終ラインの裏を突く縦パスを積極的に入れるスタンスで相手に圧をかけ、11分にオウンゴールでまんまと先制した。

 3日前のセレッソ大阪戦と同じく町田のサッカーはぶれない。4-4-2システムの状態で組織美を保ちつつ、効果的なプレッシャーと仕掛けで相手を窒息させる。とりわけ、ボール奪取後の両サイドハーフの動き、すなわち平河悠と藤本一輝が全速力で抜け出す姿は感動的ですらある。

 無駄に繋がず、チャンスと見るや敵ゴールに矢印を向けた攻撃で迫る戦い方は理に適っていた。セットプレーも計算されており、29分にはロングスローの流れから鈴木準弥のクロスに藤尾翔太がヘッドで合わせたシュートで追加点(2-0)を決め、終盤にもこれまたロングスローから柴戸海のスーパーボレーで4-0とダメを押している。
 
 守備の組織美を生み出している一因が、オ・セフンと藤尾ら2トップのハイプレスだ。彼らがサボらず前からパスコースを限定してくれるおかげで、中盤、最終ラインの選手が予測しやすい側面は見逃せない。  

 ひとりの選手が動き出したら、それに反応するかのように他のチームメイトもアクションを起こす。簡単なようで、そのような連動をするのはかなり難しい。それを当然のようにやってのける今の町田は、チームの一体感が最高レベルにある。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
「キム・ミンジェ欠場で大惨事だ」衝撃の大逆転負け...まさかの3位終了のバイエルンを韓国メディアが酷評!“戦犯扱い”された同国代表DFの不在でバッサリ「トゥヘルは最悪の告別戦だった」
町田のサッカーの何が悪いのか。守ってばかりじゃないか、シュートも少ないじゃないかと批判的な声もあるが…【コラム】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「ヒデは怪物だった」“ローマの英雄”トッティが元同僚の中田英寿を回想!「ずば抜けた選手でありながら、ピッチ外でも...」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ