• トップ
  • ニュース一覧
  • 「MOMはオカザキにするべきか」本拠地ラストマッチを終えた岡崎慎司に現地メディアが労い「賞賛に値するキャリア」

「MOMはオカザキにするべきか」本拠地ラストマッチを終えた岡崎慎司に現地メディアが労い「賞賛に値するキャリア」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月18日

ルーベン戦にスタメン出場

交代時には花道を通ってピッチを退いた岡崎。(C)STVV

画像を見る

 現地時間5月17日に開催されたベルギーリーグの第39節(プレーオフ2の9節)で、日本人6選手が所属するシント=トロイデン(STVV)は三竿健斗と明本考浩を擁するルーベンとホームで対戦。1-1で引き分けた。

 今シーズン限りでの引退を発表し、この一戦がホームでの現役最後の試合となるSTVVの岡崎慎司は、スタメン出場。ワントップでプレーした38歳は、持ち前の献身的なプレーを披露し、53分に途中交代するまでらしさを貫いた。

 また、交代時には両チームの選手たちによって作られた花道を通って、笑みを浮かべながらピッチを退いた。
【動画】両チームが作った花道を通ってピッチを去る岡崎
 ベルギーメディア『SPORZA』は、「日本のアイコンであるシンジ・オカザキの別れは、稀に見るハイライトだった」とし、岡崎をこう称えている。

「マン・オブ・ザ・マッチはオカザキにするべきか。レスターでの驚異的な優勝と日本代表で通算50ゴールを決めたサムライは、スパイクを脱ぐ。今日の試合では、あまり印象に残らなかったかもしれないが、これほどのキャリアは賞賛に値する」

 現地メディアも、これまでの功績に敬意を示した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「運命なのかな」「らしい終わり方」岡崎慎司が引退試合に達成感。STVV指揮官に感謝「フィンクが監督で良かった」
 
【関連記事】
「運命なのかな」「らしい終わり方」岡崎慎司が引退試合に達成感。STVV指揮官に感謝「フィンクが監督で良かった」
38歳で引退の岡崎慎司、現役ラストマッチで先発し献身プレーで“らしさ”貫く! 交代時に両チームの選手が花道、笑顔でピッチを去る
「向上心の塊。言い訳をしているところを見たことがない」“盟友”内田篤人が引退発表の岡崎慎司に送った言葉「ちょっと寂しい。身体がボロボロだと...」
「お前いらねぇじゃん。20%しか良さが出ない」STVV橋岡大樹が“同僚”岡崎慎司からのダメ出しを告白「岡さん、それは言い過ぎだよ…」
岡崎慎司が日本サッカーにもたらしたモノは? その足跡には育成の重要なヒントがちりばめられているはずだ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ