• トップ
  • ニュース一覧
  • 38歳で引退の岡崎慎司、現役ラストマッチで先発し献身プレーで“らしさ”貫く! 交代時に両チームの選手が花道、笑顔でピッチを去る

38歳で引退の岡崎慎司、現役ラストマッチで先発し献身プレーで“らしさ”貫く! 交代時に両チームの選手が花道、笑顔でピッチを去る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月18日

慣れ親しんだCFで53分までプレー

現役最後のゲームに臨んだ岡崎。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月17日に開催されたベルギーリーグの第39節(プレーオフ2の9節)で、日本人6選手が所属するシント=トロイデン(STVV)が三竿健斗と明本考浩が先発したルーベンとホームで対戦。1-1のドローに終わった。

 今シーズン限りでの引退を発表し、これが現役最後の試合となる岡崎慎司は、鈴木彩艶、伊藤涼太郎、山本理仁、藤田譲瑠チマとともにスタメン出場(小川諒也はメンバー外)。慣れ親しんだCFでプレーした。

 元日本代表FWは前線からさぼらずにプレスをかけ、献身的なスタイルを最後まで貫いた。ボックス内でシュートを打てそうな場面でも味方へのパスを選択するなど、利他的な部分も変わらない。

 STVVの左ウイングバック、エリック・ジュニオール・ボキャがマッチアップした明本のマークに苛立ち、小競り合いになりそうな場面で、間に入って仲裁する姿も印象的だった。
 

 53分にベンチに下がる際には、両チームの選手が作った花道を通って送り出され、満足そうな笑顔を見せた。
【動画】両チームが作った花道を通ってピッチを去る岡崎
 現在38歳の名ストライカーは、これまで清水エスパルス、ドイツのシュツットガルトとマインツ、イングランドのレスター、スペインのウエスカとカルタヘナでプレー。レスターでは不動のレギュラーとして“奇跡のプレミアリーグ制覇”に貢献した。

 119キャップを刻んだ日本代表でもワールドカップに3大会連続で出場し、歴代3位の50得点をマークしている。

 全力を尽くすプレースタイルの人間性でファンからも愛されたレジェンドが、スペイクを壁に掛けた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「采配ミス。なぜ下げたのか分からない」遠藤交代後に“また2失点”でファン不満!「いないと守備崩壊」

【関連記事】
「向上心の塊。言い訳をしているところを見たことがない」“盟友”内田篤人が引退発表の岡崎慎司に送った言葉「ちょっと寂しい。身体がボロボロだと...」
「お前いらねぇじゃん。20%しか良さが出ない」STVV橋岡大樹が“同僚”岡崎慎司からのダメ出しを告白「岡さん、それは言い過ぎだよ…」
「運命なのかな」「らしい終わり方」岡崎慎司が引退試合に達成感。STVV指揮官に感謝「フィンクが監督で良かった」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
岡崎慎司が日本サッカーにもたらしたモノは? その足跡には育成の重要なヒントがちりばめられているはずだ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ