【ACL】明暗別れたJクラブ勢。浦和が突破を決める一方、広島とG大阪は早期敗退。やはり足かせになったのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月21日

FC東京は最終節で勝てば無条件で突破。浦和は勝点3で1位抜けも。

アウェーでのシドニーFC戦で勝点1を得た浦和は、最終節を待たずにグループステージ突破を決めた。(C)Getty Images

画像を見る

 ACLのグループステージ(以下GS)5節が終了し、Jクラブ勢の明暗がくっきり別れた。
 
 アウェーでのシドニーFC戦に引き分けた浦和は、最終節を待たずに2位以上を確定させ、GS突破が決定。4強入りした2008年以来、8年ぶりのラウンド16進出で、アジア制覇に一歩近づいた。
 
 グループH・2位の浦和は、5月3日(火)に行なわれる最終節の浦項戦に勝利し、広州恒大と対戦する1位のシドニーFCが引き分け以下の場合、逆転で首位通過を果たすことになる。
 
 また、勝てば突破が決まる全北現代戦で完敗したFC東京は、グループEの3位に転落した。
 
 とはいえ、グループEは混戦で、FC東京と1位・全北現代は勝点2差。2位の江蘇蘇寧とも勝点1差だ。最終節のビン・ズオン戦に勝ちさえすれば、FC東京のGS突破が無条件で決まる。
 
 ビン・ズオンは、ここまで1勝1分3敗で最下位。FC東京は、ホームでの前回対戦で3-1と勝利している。油断さえしなければ、アウェーでのリターンマッチでも勝点3を奪えるはずだ。
【関連記事】
【ACL】浦和が8年ぶりのグループリーグ突破! シドニーと0-0ドローも2位以上が確定
【ACL採点&寸評】FC東京0-3全北現代|今季ここまでで最悪の出来。全北現代のパワーに屈し、ファン・サポーターから特大のブーイングを浴びる
【ACL】J王者・広島の敗退が決定… 先制を許し全員で引きこもった山東を崩せず
【磐田】松井大輔がいよいよ本領発揮。名波監督も脱帽する34歳の「超一流プロの振舞い」とは?
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ