【ACL】浦和が8年ぶりのグループリーグ突破! シドニーと0-0ドローも2位以上が確定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月20日

前半のチャンスを決め切れず、後半は白熱の展開も無失点で凌ぐ。

浦和は勝ち切ることはできなかったものの、グループ2位以上を確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

画像を見る

浦和が8年ぶりのグループ突破を決めた。阿部は当時を経験したメンバーのひとり。(C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ5節・シドニー対浦和の一戦が4月20日、オーストラリアのシドニー・フットボールスタジアムで19時にキックオフされた。
 
 試合前の時点でグループ2位の浦和は、この試合を引き分け以上とすればグループステージ突破が決定。グループ1位のシドニーに対し、アウェーながら積極的な立ち上がりを見せる。
 
 ラグビーの試合の影響で荒れたピッチにもかかわらず、浦和は長短のパスを織り交ぜたビルドアップでリズムを掴み、9分には李が最初の決定機を迎える。シュートはゴール左に逸れたが、浦和が主導権を握った試合運びを見せる。
 
 27分には梅崎のクロスにズラタンが飛び込んだが、あと一歩届かず得点には至らない。すると30分、浦和は一瞬の隙を突かれ、大ピンチを迎える。自陣でディミトリエビッチにボールを奪われ、そのままペナルティエリア内に侵入されると、強烈な左足のシュートを見舞われる。しかし、ここはGK西川のファインセーブで事なきを得た。
 
 結局、前半は0-0のスコアレスで折り返した。
 
 後半に入ると、シドニーも立ち上がりにカウンターから攻勢の時間帯を作り出す。51分にはFKからライオールにペナルティエリア内でシュートを打たれるが、遠藤が身を挺して防ぎ得点を許さない。
 
 その後も、シドニーはゴール前にロングボールを入れて、起点を作ろうとするが、浦和は遠藤を中心としたDF陣が堅実な対応を見せた。
 
 すると78分、浦和は絶好のチャンスを迎える。カウンターから左サイドの梅崎に展開。梅崎からペナルティエリアに侵入した柏木にスルーパスが通ると、これを柏木がワンタッチヒールで落とし、走り込んだ興梠がダイレクトで狙う。しかし、シュートはGKに阻まれ、こぼれ球を拾って打ったシュートもクロスバーを越えてしまった。
 
 結局、試合は0-0で試合終了。浦和は勝点1を積み上げ、グループ2位の座を守り、3位の広州恒大と勝点3差をつけて当該チームの成績(1勝1分け)により、グループステージ突破を決めた。
 
 浦和は、ベスト4に進出した2008年以来、8年ぶりのグループステージ突破を決めた。
 
【関連記事】
【浦和】レフティ司令塔“新10番対決”。柏木陽介が中村俊輔より「そこだけは上回りたい」と語るこだわりのキックとは?
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「リバプール戦の香川交代は得策ではなかった」
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」
【浦和】アジアキラー武藤雄樹が見せた、「ごっつぁんゴールだったね」という不躾な質問への文句なしの切り返し

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ