• トップ
  • ニュース一覧
  • 先制弾後に一発退場。天国と地獄を味わった福田翔生が柏戦を回想「やれることはやっただけに...」【湘南】

先制弾後に一発退場。天国と地獄を味わった福田翔生が柏戦を回想「やれることはやっただけに...」【湘南】

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年05月16日

「下を向いている暇はない」

途中出場でゴールを奪った福田は、終盤に一発退場となった。写真:福冨倖希

画像を見る

 湘南ベルマーレは5月15日、J1第14節で柏レイソルと対戦し、1-2で敗れた。

 先制点を挙げたのは、後半頭から途中出場したFW福田翔生だった。73分、畑大雅が自陣で左サイドから内側に切り込み、相手の背後を狙った池田昌生に浮き球のパスを供給。池田がボックス内でボールを収めてクロスを上げると、走り込んだ福田が右足で見事に合わせた。

 試合後、福田は得点シーンをこう振り返った。

「昌生くんが良い形で受けて、自分に来そうな匂いを感じたので、走り込みました。良い形で決められました。ゴール前のタッチや嗅覚は、毎試合、良くなっています」
【動画】福田翔生が柏戦で先制ゴール!
 ただ、77分に同点に追いつかれて迎えた89分、福田は相手へのスライディングを“著しく不正なプレー”と判定され、一発退場。チームは直後の90+1分、相手に決勝点を献上して敗れただけに、福田にとって責任を感じるゲームになってしまった。

 自分のプレーで流れを変えて先制に成功したところから、自身の退場が敗戦の一因に。 “天国から地獄”とも言えるようなメンタルの浮沈を経験した福田は、次に向けて、どう立ち直っていくのか。

「退場になって申し訳ないですし、反省しています。ただ、まったく故意ではないし、ボールにアタックしたし、危ないと思って足も引いた。やれることはやっただけに、悔しい判定になりました。積極性は自分の良さですし、下を向いている暇はないので、やり続けるしかないですね」

 福田は、J1初ゴールを挙げた第8節の横浜F・マリノス戦からの公式戦7試合で5ゴールと絶好調だ。現在の勢いを途切れさせないためにも、再び自身を見つめ直し、次に出場できる試合に照準を合わせて準備する必要がある。

 福田が次にピッチに立てるのは、出場停止明けの第16節・ジュビロ磐田戦になる可能性が高い。復帰戦でどんな活躍を見せるのか、ブレイク中の23歳に期待したい。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「エンドウを切り捨てなければ」遠藤航が6番では優勝できない! 現地メディアがまさかのレギュラー剥奪を主張「ファンが不満を吐き始めている」
 
【関連記事】
左サイドで存在感を増す湘南DF畑大雅。殻を破った背景にある先輩からの言葉「過剰なほど『俺はできる』と自分に言い聞かせた」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」【2023総集編】
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
「私が現役の時だったら許さない」“パリ五輪世代”東京V山田楓喜のミスをOBラモス瑠偉が叱責「彼ぐらいのレベルで...」
松木や荒木も安泰ではない。パリ五輪本番の18人、最終予選組から生き残るのは5~6人の可能性も。前回のアジア制覇時と比較

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ