• トップ
  • ニュース一覧
  • 鬼気迫った表情で味方を鼓舞。C大阪戦前半のVAR判定後、昌子源はチームメイトに何を伝えたか【町田】

鬼気迫った表情で味方を鼓舞。C大阪戦前半のVAR判定後、昌子源はチームメイトに何を伝えたか【町田】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年05月16日

「心理で考えると…」

試合中に味方を鼓舞した昌子。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年5月15日、ホームでセレッソ大阪を迎え撃ったFC町田ゼルビアは立ち上がりからアグレッシブなサッカーを展開し、圧力を強めていく。しかし、31分に相手のコーナーキックの流れから山田寛人にゴールネットを揺らされてしまった。

 VAR判定の結果、オフサイドとなったが、やや守備に隙ができた事実は見逃せなかった。事実、昌子源は「オフサイドで助かりましたけど、みんなの足が止まっていた」と危惧していたという。

 もう一度チームを引き締める意味で、昌子はVAR判定直後、鬼気迫った表情で味方に向かって大声を張り上げた。そこでチームメイトに何を伝えたのか。昌子本人にそう訊くと、次の答が返ってきた。
 
「もう一回集中しよう。もう一回アラート(警戒)していこうと。前節の湘南戦では逆の立場だった(ゴールと思いきやVAR判定でそうではなかった)。心理で考えると、ゴールがなくなるとチームとしてちょっと元気がなくなってしまう。それが逆だと『よっしゃ!』となる。なので、それを利用して『もう一回引き締めていこう』と、そんな声掛けをしました」

 最終的に町田はC大阪に2-1と競り勝つ。勝点3を獲得できた背景に、キャプテンの檄があった点も忘れてはいけない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【関連記事】
C大阪に劇的な勝利。鍛え抜かれたFC町田ゼルビアのサッカーは正直、美しい【コラム】
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」
「キレキレやな。でも、何もしてないやん」昌子源がC大阪戦後、平河悠に“愛の説教”【町田】
黒田剛監督が「サッカーを辞めた」“1993年当時の自分”について言及「開幕戦はテレビで観ていた」
「ムキにならず、俺が、俺がにならず」黒田剛監督がU-23日本代表FWに的確なアドバイス【町田】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ