• トップ
  • ニュース一覧
  • ボーンマス戦先発の冨安健洋は攻守に躍動! 英国人記者はゴールにも期待「今まで以上に得点の機会が増えるはずだ」【現地発】

ボーンマス戦先発の冨安健洋は攻守に躍動! 英国人記者はゴールにも期待「今まで以上に得点の機会が増えるはずだ」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2024年05月07日

ボーンマスに3-0で快勝

左サイドバックで先発した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 5月4日、私はロンドンのエミレーツスタジアムでプレミアリーグ第36節のアーセナル対ボーンマスを取材した。

 試合直前、アーセナルのミケル・アルテタ監督がピッチ上でこの一戦を生中継するテレビ会社のインタビューに答えていた。印象的だったのは、インタビューが終わった途端、集まった大勢のファンから拍手が沸き起こっていたことだ。

 今季、アーセナルのホームゲームは残り2試合。今回のボーンマス戦と最終節のエバートン戦だ。優勝に向けてガナーズファンの興奮と期待感が伝わってきた。

 また、開幕戦で大怪我をして長期離脱を強いられたユリエン・ティンベルがメンバー入りするという噂もあったが、結局、ベンチには入らず。冨安健洋が左サイドバックで先発に名を連ねた。
【動画】冨安効果と現地メディアが評価! ライス→トロサールで奪った追加点
 その冨安は、試合開始直後からハードワークし、粘り強い守備を披露。攻撃でも、タイミングの良いランニングで相手のペナルティエリア内に侵入するなど、好機を演出。23分にはマーティン・ウーデゴーのFKを頭で折り返してトーマス・パーテイの決定機を作った。

 最近のアーセナルのFKやCKでは、ベン・ホワイトが警戒されるようになっているので、セットプレーのチャンスの際には冨安がフリーになり、今まで以上に得点の機会が増えるはずだ。

 その後、アーセナルは試合を支配し、前半終了間際にブカヨ・サカのPKで先制に成功する。後半には70分にレアンドロ・トロサールが貴重な追加点をゲット。このゴールで落ち着きが生まれるとアディショナルタイムには、デクラン・ライスのダメ押し弾が決まり、3-0で勝利を飾った。

 アーセナルは1試合消化の少ない2位のマンチェスター・シティと勝点1差で首位をキープした。

文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

著者プロフィール
スティーブ・マッケンジー/1968年6月7日、ロンドン生まれ。ウェストハムとサウサンプトンのユースでプレー経験がある。とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からのサポーター。スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝した。現在はエディターとして幅広く活動。05年には『サッカーダイジェスト』の英語版を英国で出版した。

【記事】「アルテタを悩ませる長年の問題を解決」必要なのは冨安だった! 左サイドでの“劇的な効果”に地元メディアが感嘆!「トロサールやライスも得点できた」
 
【関連記事】
「アルテタを悩ませる長年の問題を解決」必要なのは冨安だった! 左サイドでの“劇的な効果”に地元メディアが感嘆!「トロサールやライスも得点できた」
冨安との対戦は悪夢! アーセナルのブラジル代表FWが“練習で最も難しい相手”に選出!「一瞬の余裕も与えてくれないんだ!」
「エンドウは信じられなかった」リバプールMFが鮮烈ゴラッソ→驚愕する遠藤航の反応が英国で話題!「面白い」「驚きのシュートを気に入った!」
「俺は代えるべきだと思った」ウズベク戦で議論を呼んだ松木玖生の途中交代に、城彰二が持論「ファーストタッチで彼はミスした」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ