• トップ
  • ニュース一覧
  • 「アルテタを悩ませる長年の問題を解決」必要なのは冨安だった! 左サイドでの“劇的な効果”に地元メディアが感嘆!「トロサールやライスも得点できた」

「アルテタを悩ませる長年の問題を解決」必要なのは冨安だった! 左サイドでの“劇的な効果”に地元メディアが感嘆!「トロサールやライスも得点できた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月07日

「ファイナルサードでも十分な能力を発揮」

ボーンマス戦で快勝に貢献した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 確実に評価を高めているようだ。

 5月4日に開催されたプレミアリーグの第36節で、暫定首位のアーセナルは、10位のボーンマスとホームで対戦。3-0で快勝を収めている。

 この一戦で、左SBで3試合連続のスタメン出場を果たした冨安健洋はフル出場。堅実な守備だけでなく、攻撃にも積極的に絡んで、攻守に貢献した。

 その日本代表DFを高く評価したのが、アーセナルの専門サイト『ARSENAL INSIDER』だ。「ボーンマスを破ったとき、ミケル・アルテタ監督を悩ませてきた長年の問題の解決策として、アーセナルの一人のスターが浮上した」として、冨安の重要性を説いている。
 
 同メディアは、今シーズンのアーセナルのビルドアップは右サイドに限定されるケースが多く、相手にとって予測可能だったと指摘。冨安が左SBに入ることで、左サイドからの崩しも可能になったと主張している。

「トミヤスが完全なフィットネスに戻り、左SBでプレーできるようになったことで、アルテタのチームは左サイドでより多くの人数を前線に出せるようになる。トミヤスはアーセナルで最も1対1に強いDFと言われているが、ボーンマス戦ではファイナルサードでも十分な能力を発揮できると示した」

 記事は「日本代表選手が前を向いて動き回ることで、プレーを繋ぎ、レアンドロ・トロサールやデクラン・ライスなどが左サイドで活用できるスペースを作り出すことができた。ライスとトロサールはボーンマス戦で得点をマークした」と続けている。
【動画】冨安効果と現地メディアが評価! ライス→トロサールで奪った追加点
「データも、2000万ポンドの元ボローニャの選手が攻撃的なプレーで非常に印象的だったと示している。『WhoScored』の統計によると、トミヤスは2本のキーパスを出し、5回の空中戦で勝利した。彼はクロスが入ると相手ボックス内で脅威となり、またオーバーラップで幅を取るため、試合を通して懸命に働いた」

 攻撃での貢献も評価された冨安。コンディションさえ問題なければ、このままシーズン終了までスタメンを張るだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
冨安との対戦は悪夢! アーセナルのブラジル代表FWが“練習で最も難しい相手”に選出!「一瞬の余裕も与えてくれないんだ!」
「怒られてる」「バチギレ」名将クロップが公開説教? 遠藤航と交代で出場の19歳MFへの振る舞いに反響!「試合後の激詰め」
「心配、移籍しないでほしい」遠藤同僚FWがインスタからリバプール関連の投稿を“全削除”でファン騒然! 日本でも「ヌニェス」がトレンド入り 「相当嫌になったとしか思えない」
「中盤ボコボコ」「代えてからボロボロ」なぜ下げた? 遠藤航交代後にすぐ2失点で不満の声!「大切さが分かる」
「なんてクソ野郎だ」バイエルンFWミュラーが痛恨ミスの韓国代表キム・ミンジェにブチギレ! 鬼の形相に海外反響「イライラして同僚に怒鳴った」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ