• トップ
  • ニュース一覧
  • “黄金の左足”と“黄金の両腕”がもたらしたアジア制覇。ウズベキスタン撃破の一因は山田と小久保の個の力だった【U-23アジア杯/コラム】

“黄金の左足”と“黄金の両腕”がもたらしたアジア制覇。ウズベキスタン撃破の一因は山田と小久保の個の力だった【U-23アジア杯/コラム】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年05月04日

拮抗したゲームで勝負を分けるのは...

ウズベキスタン戦で決勝点を決めた山田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年5月3日(現地時間)、カタールで開催されているU-23アジアカップの決勝で大岩ジャパンがウズベキスタンと対戦。4-3—3システムで臨んだ日本は、4-2-3-1システムでプレッシャーをかけてくるウズベキスタンの組織的なサッカーに苦戦した。

 イラク戦で躍動したMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)に上手くボールが入らず、組み立てすらスムーズにできない日本はなかなか突破口を見出せなかった。ウズベキスタンの攻撃を受ける時間帯が多かった前半は、文字通り劣勢を強いられた。

 一人ひとりの寄せが鋭く、プレースピードが速いウズベキスタンの攻撃を凌ぐのがやっとという印象で、最初の45分間はウズベキスタン(主力3人を欠いているのに…)に力の差を見せつけられた感がある。
 
 絶望的な前半とは打って変わり、後半開始直後の日本は攻めの姿勢を打ち出す。CFの細谷真大(柏レイソル)やインサイドハーフの松木玖生(FC東京)にボールが入るようになり、このふたりを軸にシュートまで持ち込むシーンが見られたのだ。それでもゴールは奪えず、我慢の展開を余儀なくされたが...。

 迎えた後半のアディショナルタイム、途中出場の山田楓喜(東京ヴェルディ)が最高の仕事をする。荒木遼太郎(FC東京)のパスに反応すると、黄金の左足を一閃。待望のゴールで日本に歓喜を呼び込んのである。

 こうした拮抗したゲームで最終的に勝負を分けるのは、個の力。その後に訪れたPKのピンチを防いだのも小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)の黄金の両腕である。

 ヒリヒリとした最終盤の戦いを経て、アジア制覇を達成。山田と小久保の個の力が結果的に勝利を呼び込む一因になったことは間違いない。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】日本が2016年以来4大会ぶりのアジア王者に! 後半ATの山田弾&GK小久保のPKストップでウズベキスタンを1-0撃破、パリ五輪GSの対戦国も決定【U-23アジア杯/決勝】

【記事】「お前ら、帰ってきたらポジションないよ」昌子源が明かす“平河悠と藤尾翔太とのエピソード”「「正直、アイツらがあっさり試合に出るようじゃ、町田に未来はない」
 

【PHOTO】再び首位に躍り出た!チームの快勝に盛り上がったFC町田ゼルビアサポーターたち!!

【関連記事】
日本が2016年以来4大会ぶりのアジア王者に! 後半ATの山田弾&GK小久保のPKストップでウズベキスタンを1-0撃破、パリ五輪GSの対戦国も決定【U-23アジア杯/決勝】
「お前ら、帰ってきたらポジションないよ」昌子源が明かす“平河悠と藤尾翔太とのエピソード”「正直、アイツらがあっさり試合に出るようじゃ、町田に未来はない」
大岩ジャパンのパリ五輪“18枠”を最速予想。3つのOAを使うならどのポジション? 久保建英は招集すべき?
「めちゃくちゃ強い」「強度が全然違う」大岩Jを苦しめるウズベクにファンも戦々恐々。小野伸二は「自由にプレーできない」と解説【U-23アジア杯/決勝】
「やっと、町田のメンバーでできる」エリキの帰還、平河悠と藤尾翔太が合流間近の現状について黒田監督が明るいトーンで…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ