• トップ
  • ニュース一覧
  • 韓国戦の失点シーン、なぜGK野澤は飛び出したのか。細谷の不振を象徴した場面が…【U-23アジア杯/コラム】

韓国戦の失点シーン、なぜGK野澤は飛び出したのか。細谷の不振を象徴した場面が…【U-23アジア杯/コラム】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月23日

センターラインが安定しなければ

日本を勝利に導けなかったGK野澤。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年4月22日(現地時間)、U-23アジアカップ(パリ五輪アジア最終予選を兼ねる)のグループステージ最終節で韓国と戦った大岩ジャパン。勝てば首位通過が決まる一戦、同19日のUAE戦からスタメン7人を入れ替えた日本(システムは4-2-3-1)は韓国(システムは3-4-3)のカウンターを警戒しつつ、左サイドハーフの平河悠(FC町田ゼルビア)を軸に攻撃を仕掛けた。

 ただ、守備時に5バックとなる韓国の壁をなかなか突き崩せない。組み立ての局面でボランチコンビの田中聡(湘南ベルマーレ)と川﨑颯太(京都サンガF.C.)が相手のタイトなマークでほぼ消された影響もあり、前半は敵ゴールに迫るシーンが限られたのだ。

 後半に入っても韓国のプレスに苦しんだ日本は、最終ラインから効果的な縦パスが入らず60分まで攻撃の形をほとんど作れなかった。藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)と松木玖生(FC東京)の両セントラルMF、左サイドハーフの佐藤恵允(ブレーメン)を3人同時投入したあたりから韓国の疲労の色が濃くなったこともあり、チャンスを演出できるようになったが、流れを掴みつつあったタイミングでセットプレーから痛恨の失点を喫した(結果は0-1)。
 
 失点シーン、なぜGK野澤大志ブランドン(FC東京)は飛び出したのか。ああやって前に出た以上、GKなら絶対にボールに触らなければいけない。それができなかったということは判断ミスと言える。

 結果論になるが、前の2試合で好調だったGKの小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)をスタメンから外す必要はなかった。キックの質を見ても、野澤には物足りなさがあった。

 物足りなかったのは、CFの細谷真大(柏レイソル)も同じ。86分の決定機逸(ヘディングシュートを枠外へ)は今大会の彼の不振を象徴する場面だった。

 CFで先発出場した内野航太郎(筑波大)、田中と川﨑を含めてセンターラインが安定しなければ、敗れて当然との見方はできる。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】「ウソでもいいから抗議をしないと」なぜ内田篤人は一発レッド後の西尾隆矢の“行動”に苦言を呈したのか「すぐ出ちゃだめですよ」【U-23アジア杯】
【関連記事】
「キーパー代える必要ある?」大岩J、連続完封中のGK小久保が日韓戦“先発落ち”でネット騒然!「愕然とした」「何で代えるの?」【U-23アジア杯】
【セルジオ越後】守備的なシステムの韓国を崩し切れず。ストライカーの藤尾がなぜサイドハーフ? GKで小久保を起用しなかったのも疑問だ
「決定力は我々が上」「日本は上手いが、我が国には情熱がある」日韓戦勝利に韓国のファンは歓喜!「勝ったのが不思議」との声も【U-23アジア杯】
「狂気の采配が当たった!」宿敵・日本に競り勝った韓国代表を母国メディアが大絶賛!「実利と尊厳の両方を手にした」【U-23アジア杯】
町田のサッカーの何が悪いのか。守ってばかりじゃないか、シュートも少ないじゃないかと批判的な声もあるが…【コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ