• トップ
  • ニュース一覧
  • 9試合を終えて降格圏と勝点2差の16位。苦しむ川崎で脇坂泰斗、ゴミスらが語る復活への道とは

9試合を終えて降格圏と勝点2差の16位。苦しむ川崎で脇坂泰斗、ゴミスらが語る復活への道とは

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年04月21日

「やり続けるしかない」

スコアレスドローで落胆する川崎の選手たち。ただサポーターはその背中を押した。写真:福冨倖希

画像を見る

[J1第9節]川崎 0-0 東京V/4月20日/Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu

 9試合終えて2勝2分5敗の16位で、降格圏とは勝点2差。そして東京V戦では約12年ぶりとなる4試合連続のノーゴール。

 川崎が実に苦しんでいる。

 9節の東京V戦では、FW陣のパワーとスピードを生かそうと、エリソンと山田新を最前線に並べる4-4-2でスタートするも、前半途中に4-2-3-1へ戻してゲームを進めたが、最後までゴールが遠かった。

 開幕当初は得点も取れたが、複数失点も重なり、2節から3連敗も経験。そこで攻守のバランスを整える4-2-3-1へ布陣を変更し、5節のFC東京戦こそ3-0で快勝したが、その後は守備面は改善傾向にあるが、今度は攻撃のパワー不足というジレンマにハマっている(6節・横浜/△0-0、7節・町田/●0-1、8節・C大阪/●0-1、9節・東京V/△0-0)。

「チームとしてどう崩すか。そこをやっていくしかないのかなと思います」

 そう語るのはチームと苦楽をともにしてきた小林悠である。そんな小林は東京V戦への準備段階で、今季からキャプテンに就任した脇坂泰斗らとより意志をすり合わせるためにも、食事に行くと話していたが、脇坂は東京V戦後、こう口にした。

「まずひとつは自分らが引っ張っていく立場であるので、練習の声がけだったり、そういったところは徐々に変わってきていますが、一気にガラッと変わるのは、難しい部分もあると思います。それをやり続けるしかないですし、そうした意識がピッチで表われるように、自分らが良い雰囲気を作っていきたいと思います」

 東京V戦に向けた公開練習では、トレーニング場にチームの背を押す横断幕が掲げられ、いつも以上に選手らの声が響くなど、現状をどうにか脱却しようとの想いが伝わってきた部分もあった。

【動画】川崎×東京Vハイライト
 
 もっとも今季の開幕前にはムードメーカーの登里享平、周囲を叱咤激できる山根視来の両SBが新たなチャレンジへ移籍を選択し、その1年前には欠かせないリーダーで最終ラインの要であった谷口彰悟も海外挑戦。

 さらに本来はチームの中軸を担うはずであった守田英正、三笘薫、旗手怜央、田中碧らもすでに海を渡っており、これだけ主力が入れ替わっているだけに、ピッチ内外で改めてベース作りを求められるのは致し方ないことである。

 その点では鬼木達監督も、技術面や質の向上へ「やり続けるしかない」と語る。

 一方で、欧州での経験も豊富なバフェティンビ・ゴミスはポジティブな言葉を並べる。自身は昨夏の来日後、ゴールに恵まれていないが、怪我の影響でフランスへ一時帰国後、チームに復帰してからは練習試合で得点を挙げるなど、徐々に復調の気配を漂わせる。

「クオリティはあるチームですので自信を取り戻すことが大事だと思います。まず一勝を挙げることが自信を取り戻きっかけになるはずです。昨シーズンも苦しい時期があったわけですが、その後にしっかり立ち直って、トロフィー(天皇杯)を掲げて終わることができ、サポーターを喜ばせることができました。そういう結果を残せたという事実もあります。そしてサポーターの方々には感謝しています。こういう時期でもしっかり後押ししてくれています。

 自分はそれほど悲観をしていません。こういう状況でもハードワークを続けて自分の役割を果たすためにやっていくことだけだと思います。監督も非常に経験のある方なので、苦しい状況からも立ち直っていけるチームだと思います」

 20チーム制になった今季のJ1で、全38試合中の約4分の1が過ぎた時点でよもやの16位。危機感は大いに持つべきだろうが、目先の結果に走るチームになっては元も子もないだろう。

 今は耐え、クラブ一丸となって本気でひとつずつの課題に向き合っていく。今後の方向性を占う意味でも重要な局面にあるように映る。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調

 
【関連記事】
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
「すげぇ面倒くさい。性格悪い」内田篤人が対峙して“嫌だった日本人FW”を明かす!「ねちねち、ねちねち…」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
約12年ぶりの4試合連続無得点。攻撃自慢の川崎は“ゴール欠乏症”から立ち直れるのか
盟友の川崎・小林悠とC大阪・登里享平が初対戦に込めた想い。話さず、目も合わせず、それでも誓ったユニホーム交換

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ