約12年ぶりの4試合連続無得点。攻撃自慢の川崎は“ゴール欠乏症”から立ち直れるのか

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年04月21日

東京V戦はチャンスを作るもスコアレス

4試合連続無得点に終わった川崎。選手たちはスコアレスドローに肩を落とした。写真:福冨倖希

画像を見る

[J1第9節]川崎 0-0 東京V/4月20日/Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu

 J1の9節では川崎と東京Vが対戦。川崎は好機を作るも最後までゴールが遠く、東京Vも最終盤のチャンスを生かせずに、スコアレスドローで勝点1を分け合った。

 攻撃が自慢だった川崎は4試合連続無得点(6節・横浜/△0-0、7節・町田/●0-1、8節・C大阪/●0-1、9節・東京V/△0-0)。これは2012年以来、約12年ぶりの不名誉な記録だという。

 9試合終えて2勝2分5敗の16位で、降格圏とは勝点2差と苦しい状況が続く。

 いわゆる“ゴール欠乏症”改善には、鬼木達監督は「やり続けるしかない」と話す。

「(無得点は)一番悔しいところ。クロスひとつをとっても入っていく人数や、そこに到達しなかったりだとか、ちょっとしたところですが、そこは言い続けてトレーニングでやっているところなので、やり続けるしかないと思います」

 例年同様4-3-3でスタートした開幕当初は点も取れたが、複数失点も重なり、攻守のバランスを整える4-2-3-1へ布陣を変更。5節のFC東京戦こそ3-0で快勝したが、その後は守備面は改善傾向にあるが、今度は攻撃のパワー不足というジレンマにハマっている。

 東京V戦はFW陣のパワーやスピードを生かそうとエリソンと山田新を最前線に並べる4-4-2を採用し、前半途中で4-2-3-1へ戻した指揮官はこうも口にした。

「やはり攻撃と守備は分けて考えてはいけないと思いますので、そこは難しいところです。後ろの安定は必要だと考えています。(東京V戦も)ゼロで一生懸命抑えていますし、他の試合でも失点は少なくなっています。

 少し後ろ髪を引かれながらと言いますか、そういう部分もあるかもしれませんが、そこはチームとして後ろというわけではなく、安定したボールの動かし、前進できることで、押し込めると思うので、奥までいけば思い切ってプレーしていると感じますし、そこのところがひとつ重要なのかなと」

【動画】川崎×東京Vハイライト
 
 件のFC東京戦の前、3連敗を喫した際に鬼木監督は、原点回帰するかのように、技術の重要性と、魅力的に攻め勝つ川崎スタイルの追求を改めて呼びかけた。

 海外挑戦を含め、主力選手の相次ぐ移籍で、昔を知る選手も減っているなか、それでも、一歩ずつ、チームはベースの再構築を押し進めているのだ。

 キャプテンの脇坂泰斗もこう語る。

「意図的にゴール前まで持っていけたシーンは、(前節の)セレッソ戦よりは多かったので、そこの手応えを感じつつも、それだけでは勝てないとも改めて思いました。それを増やしていくことが大事かなと」

 東京V戦では今季の新戦力、ファンウェルメスケルケン際が左SBの先発でリーグ戦初出場を果たし、相手のDFを剥がして持ち運ぶプレーを披露。さらにここ数試合はCBに入る佐々木旭もボールを運ぶプレーを増やしている。こうした場面を脇坂もポジティブに評する。

「際くんに限らずですし、例えば旭にも口酸っぱく言っていて、実行しようと、試合ごとにやれることが増えていっているなと感じます。本職ではないなかであれだけのプレーをしているのは本当に頼もしいですし、そこを受け取った自分らがどう攻撃につなげていくかは、やっていきたいです。

 ただ、まだパスコースが少ないというか、僕がターンしたり、マルシーニョが突破しても選択肢がふたつくらいだと、なかなかその中から良いものを選ぶのは難しいので、3つ、4つ作ったなかで、相手を動かして、厚みっていうんですかね、そこを出していければ良いと思います。でも、今日(東京V戦)のところで言うとチャンスはあったので、決め切る力が足りなかったとも感じます」

 一歩ずつではあるが、チームとして前進はしているように映る。4試合連続無得点で順位を考えれば悠長なことは言っていられない。それでも、チームのコンセプトを曲げずに進むには、今は目先の結果に捉われすぎるのではなく、後ろからの丁寧で柔軟なボールのつなぎ、攻撃の意思疎通の改善を、一丸となって取り組むことが大事なように感じる。

 ただそれにはクラブとして相当な忍耐と覚悟が必要だ。改めてクラブに関わる誰もが腹を括る必要があるのだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調


 
【関連記事】
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
「すげぇ面倒くさい。性格悪い」内田篤人が対峙して“嫌だった日本人FW”を明かす!「ねちねち、ねちねち…」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「ヒデさんは異常」中村俊輔が中田、小野、稲本との“黄金の中盤”を回想!「全員ライバル、伸二がいいパスしたら悔しかった」
盟友の川崎・小林悠とC大阪・登里享平が初対戦に込めた想い。話さず、目も合わせず、それでも誓ったユニホーム交換

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ