• トップ
  • ニュース一覧
  • 久保建英の五輪招集は本人の意志にかかわらず、好ましくはない。なぜなら...【小宮良之の日本サッカー兵法書】

久保建英の五輪招集は本人の意志にかかわらず、好ましくはない。なぜなら...【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2024年04月19日

五輪世代はあくまで育成年代であって、ステップアップが課題

アジアカップ参戦もあり、満身創痍で今季を戦っている久保。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 4月15日、カタールで開幕した「U-23アジアカップ」で、U-23日本代表はパリ五輪出場を懸けて戦う(アジアは上位3チームが出場、残り1チームはアフリカのギニアとプレーオフで枠を争う)。

 8大会連続出場を懸けて、負けられない試合が続く。初戦の中国戦は、速い時間で一人退場になりながら、どうにか勝利を収めたわけだが...。

 今回、フルメンバーを招集することはできていない。

 すでにヨーロッパで活躍している面々は、いずれもメンバー外になっている。鈴木彩艶(シント=トロイデン)を筆頭に、鈴木唯人(ブレンビー)、斉藤光毅、三戸舜介(ともにスパルタ)、小田裕太郎(ハーツ)、福井太智(ポルティモネンセ)など、チーム発足からプレーを重ねてきた選手も少なくない。率いる大岩剛監督にとっては逆風と言えるだろう。

 もっとも、長い目で見た場合、日本サッカーにとっては「素晴らしいプロセス」と断言できる。これだけ多くの五輪世代が欧州で場数を踏んでいるわけで、将来は暗くない。よしんば、U-23代表がパリ五輪に辿り着けなかったとしても、欧州で次のステップをつかみ取れる選手がいるなら、それで十分に報われるだろう。

 なぜなら、五輪世代はあくまで育成年代であって、ステップアップが課題である。すでに欧州でプロとして活躍のプロセスに入っている選手にとっては、少なくとも予選で戦う必要などない。彼らは各クラブでアピールすることで、日本サッカーも背負って羽ばたける。

 パリ五輪行きのチケットは、世界を志すJリーグ組を中心に手にすべきと言えるだろう。それは少なからず本大会も同じで...。
【PHOTO】U-23日本代表の中国戦出場16選手&監督の採点・寸評。無失点に貢献の小久保、高井を高評価
「久保本人は五輪に出たがっている」

 大岩監督はそう言って、パリ五輪世代である久保建英とも招集交渉を重ねているようだが、所属するレアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)が難色を示しているという。予選は論外だが、本大会の招集も厳しい。よほど当該選手がクラブ内でイニシアチブを握っている立場でない限り、招集できる状況ではないのだ(FIFAマッチデー以外、クラブが所属選手の拘束権を持っている)。

 さらに言えば、久保の招集は本人の意志にかかわらず、好ましくはない。

 なぜなら、久保自身は出場への意欲を持っていても、ラ・レアルでフル稼働だった一方、シーズン中にアジアカップで日本代表として招集され、アジアの代表戦で長距離を転戦する日程もこなし、その上でシーズン後にパリ五輪出場になれば、疲労の蓄積からどのような結果に至るか、保証ができない。事実、最近の久保は筋肉系のケガを抱えつつあるのだ。

 大岩監督は予選も、そして本大会も苦しい戦いを余儀なくされるだろうが、試行錯誤で乗り越えるしかない。それが、日本サッカーの成長プロセスと言えるからだ。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たし、2020年12月には新作『氷上のフェニックス』が上梓された。

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】「日本が9人でも勝てない」「台無しだ」数的優位でも大岩Jに完封負け! 中国のファンは憤慨!「アマチュアすぎる」【U-23アジア杯】
 
【関連記事】
「絶対に行かない方がいい」城彰二が久保建英のパリ五輪出場に反対!「同じ世代なんだけど...」
「日本はクボを望んでいる」久保建英のパリ五輪出場にソシエダ地元紙は戦々恐々!「出場時間超過に懸念」
「ウソでもいいから抗議をしないと」なぜ内田篤人は一発レッド後の西尾隆矢の“行動”に苦言を呈したのか「すぐ出ちゃだめですよ」【U-23アジア杯】
「素晴らしかった」内田篤人が絶賛した20歳MFは?「戻っての守備、球際は彼の良さ」
「どうやって日韓戦に勝つんだ?」単調クロス連発の韓国に母国メディアが苦言! 中国撃破の大岩Jとの実力差を危惧「宿敵日本は優勝候補と証明した」【U-23アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ