• トップ
  • ニュース一覧
  • 「どうやって日韓戦に勝つんだ?」単調クロス連発の韓国に母国メディアが苦言! 中国撃破の大岩Jとの実力差を危惧「宿敵日本は優勝候補と証明した」【U-23アジア杯】

「どうやって日韓戦に勝つんだ?」単調クロス連発の韓国に母国メディアが苦言! 中国撃破の大岩Jとの実力差を危惧「宿敵日本は優勝候補と証明した」【U-23アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月17日

「強豪との着実なスパーリングで“階級”を引き上げた」

中国を1-0で撃破した大岩ジャパン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 グループステージ第3戦の日韓戦に向けて、懸念が広がっているようだ。

 U-23韓国代表は4月16日、パリ五輪アジア最終予選を兼ねたアジアカップのグループステージ初戦でUAEと対戦。スコアレスレスドローで終わるかと思われた90+4分、CKからイ・ヨンジュンがヘッド弾を叩き込み、1-0で勝利を収めた。

 ただ、韓国のメディア『SPOTV NEWS』は翌17日、「これでどうやって日韓戦に勝つんだ?」と見出しを打ち、「内容は良くない」と指摘した。

 同メディアは、直前で海外組3選手が招集不可になるなど懸念が小さくなかったなか、「韓国は70パーセントのボールを保持し、試合を通して主導権を握った。特にウインガーのオム・ジソンとSBのファン・ジェウォンを使ったサイド攻撃が鋭かった」と評価。そのうえで、こう課題を挙げている。
 
「しかし、サイド攻撃だけに集中した単調な攻撃を繰り広げた結果、90分間支配しても苦しい試合が続いた。サイドからクロスだけ上げる単純なパターンにUAEの守備陣は早く適応できた。UAEの守備がペナルティボックスの中に早く陣取っているので、クロスを上げても良い結果を出すのは容易ではなかった」

 一方、同日の試合で、CBの西尾隆矢が17分で退場しながら、中国に1-0で勝利したライバルの日本について、こう評している。
【動画】西尾隆矢がまさかの一発レッド
「宿敵の日本は『オリンピックオールイン体制』で年齢別代表チームを運営してきた。アジア大会にイ・ガンインやチョン・ウヨンなど精鋭メンバーを招集した韓国とは異なり、一部は大学の選手など2軍を充て、代わりにオリンピック代表は欧州遠征で強豪との着実なスパーリングで“階級”を引き上げた。中国戦で17分に主戦CBが退場する厳しい状況の中でも、1-0で勝利を収め、今大会の優勝候補ということを証明した」

 ともに白星スタートとなった、日韓は第3戦で激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「日本が9人でも勝てない」「台無しだ」数的優位でも大岩Jに完封負け! 中国のファンは憤慨!「アマチュアすぎる」【U-23アジア杯】
 
【関連記事】
「日本が9人でも勝てない」「台無しだ」数的優位でも大岩Jに完封負け! 中国のファンは憤慨!「アマチュアすぎる」【U-23アジア杯】
「日本との差は大きかった」数的不利の大岩Jに0-1敗戦!中国代表を母国メディアは酷評「恥ずかしい」【U-23アジア杯】
「日本は非礼なサッカーながらも…」大岩ジャパンの“10人逃げ切り勝ち”に韓国メディアが敏感反応!「決定力ゼロの中国に救われた」【U-23アジア杯】
「単調なクロスを繰り返すだけ」UAEに大苦戦の韓国、劇的勝利も母国メディアは辛辣「イ・ガンインのようなキラーパスがない」【U-23アジア杯】
【セルジオ越後】西尾の退場で試合が壊れてしまった中国戦。まるで日本の金星、勝てたのはラッキーだったよ【U-23アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ