• トップ
  • ニュース一覧
  • 「最大の問題は...」なぜリバプールは後半に“失速”したのか。クロップ監督が「ガス欠気味だった」と指摘した選手は?

「最大の問題は...」なぜリバプールは後半に“失速”したのか。クロップ監督が「ガス欠気味だった」と指摘した選手は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月19日

1-0で勝利したものの敗退

後半の失速について言及したクロップ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 現地4月18日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝・第2レグで、遠藤航が所属するリバプールがアタランタと敵地で対戦した。1-0で勝利したものの、アグリゲートスコア1-3で敗退が決定した。

 ホームでの第1レグで0-3と完敗していたなか、開始7分にもモハメド・サラーのPKで1点を返したレッズは、その後もチャンスを作るものの、追加点を奪えない。

 すると後半は完全に失速。ほとんど好機を創出できず、45分間が過ぎていった。
【動画】サラーが落ち着いて決めたPK弾
 クラブの公式サイトによると、リバプールのユルゲン・クロップ監督は試合後、前半と後半のパフォーマンスの違いについて問われると、こう回答している。

「後半の最大の問題は、テンポを維持できなかったことだ。トレント・アレクサンダー=アーノルドは、しばらくの間欠場していた選手だ。彼がフレッシュの間は、マッカ(アレクシス・マカリステル)と一緒にテンポ、リズム、ゲームの方向性を設定したが、(後半は)明らかに少しガス欠気味だった」

 さらに、「クレイジーで、正気の沙汰でないようなプレーをしてきたマッカはこの試合でもやらなければなかった。しかし、それが違っていた」と続けている。

「いつもはそれができる(テンポを保つ)が、今夜はそう簡単ではなかった。もう少し高いリズムを保てていれば、アタランタが後半に何を変えても、それが(ブレーキの)原因にはならなかったと思う」

 後半のエネルギー不足を指摘した指揮官は、「アタランタは勝ち進むに値した」と話し、相手を称えることも忘れなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】リバプール新監督に“守田の恩師”が就任なら遠藤航は控えに降格か。地元メディアがまさかの見解「トップクラスの守備的MFではないかもしれない」
 
【関連記事】
「アタランタ戦で絶対に外すべき」遠藤航、EL準々決勝での“先発外し”をリバプール地元メディアが提言!「パレス戦で守備陣に問題を引き起こした」
「アタランタを祝福するのは簡単」EL敗退…クロップ監督は気持ちを即座に、史上空前の三つ巴へ「プレミアが最も激しい」
リバプール新監督に“守田の恩師”が就任なら遠藤航は控えに降格か。地元メディアがまさかの見解「トップクラスの守備的MFではないかもしれない」
「素晴らしい補強になる」遠藤所属リバプールが狙う日本人MFは?「6000万ユーロを準備」とも
「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ