【浦和】レフティ司令塔“新10番対決”。柏木陽介が中村俊輔より「そこだけは上回りたい」と語るこだわりのキックとは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年04月11日

「1チームだけがサッカーをしようとしても、ゴールは生まれない」と、指揮官は嘆く。

競り合う柏木(左)と中村。新たなJリーグを代表する「10番対決」になるか――。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

 勝点2差、1位と4位の上位対決――という謳い文句は、試合が終わる頃にはすっかり忘れ去られていた。スコアレスのまま迎えた試合終盤の選手交代では、ホームの横浜のほうがゆっくり歩いて時間稼ぎをし、アウェーの浦和のほうが走って急いでいた。
 
 残念ながら「上位対決」と言える緊迫感はあまり感じられなかった
 
 ペトロヴィッチ監督は次のように、横浜の指揮官を刺激するように言った。
 
「日本を代表するクラブ同士とあって、もっとスペクタクルで、互いに攻撃し合う展開を期待していた人は多かったはず。しかし一方のチームだけがサッカーをしようとしても、ゴールは生まれない」
 
 結局、0-0の引き分け。それでもボランチで先発した柏木は、「みんなで頑張れたと思う」と、“ポジティブな勝点1”であったことを強調していた。
 
 浦和はこれで、3節の福岡戦から6試合連続無敗である。それにここ4試合で喫したのはわずか1失点と、リベロに遠藤を固定してから守備が安定してきた。
 
「思ったよりも(横浜がボールを奪いに)来なかった。前から積極的にプレスを掛けてきた昨季のような怖さはなかった。言ってみれば『やりやすかった。けれども、崩すのが難しかった』」
                                                              
 柏木はそのように試合を振り返った。
 
 浦和は4月5日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、前回大会覇者の広州恒大と真っ向から撃ち合う激闘をホームで演じ、1-0の勝利を収めていた。その5日後、一転して今回の横浜戦は、必死に守ろうとするチームを相手にする“Jリーグでよくある試合”に戻っていた。

 その相手チームの質というよりも、メンタリティには大きなギャップを感じざるを得なかったのだろう。
 
 ペトロヴィッチ監督もそのあたりが普段と異なる事情だったという。

【マッチPHOTO】横浜 0-0 浦和
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜×浦和|枠内シュートわずか1本、横浜の攻撃面がまったく奮わず。浦和はGK飯倉の再三のビッグセーブに阻まれる
【J1】横浜×浦和は不完全燃焼のスコアレス。浦和指揮官は「甲府と試合をしているようだった」
【浦和】広州恒大を撃破。“10年に一度の好ゲーム”ペトロヴィッチ監督は絶賛。ターニングポイントとなったのは――
【J1】中村俊輔の美しすぎるFK弾など計4ゴールで、浦和を年間首位の座から引きずり降ろす
【セルジオ越後の天国と地獄】今の日本代表は、「ラッキー」や「相手のミス」がないと、なかなか点が取れない
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ