• トップ
  • ニュース一覧
  • 「多くの人が僕に求めているのは北朝鮮代表批判」鄭大世が語る解説業の“怖さ” 「ネガティブな話に対して反応が起きる」

「多くの人が僕に求めているのは北朝鮮代表批判」鄭大世が語る解説業の“怖さ” 「ネガティブな話に対して反応が起きる」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月19日

「エゴサをしまくって陶酔」

解説業について語ってくれた鄭大世。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本がW杯アジア2次予選で北朝鮮に1-0と勝った試合、地上波で北澤豪氏、槙野智章氏とともに解説を担当した鄭大世氏の“両国にリスペクトが感じられるスタンス”が好評だった。

 例えば「ニュートラルな解説が良かった」と視聴者からの称賛の声に対し、鄭大世氏は「嬉しかったですね。エゴサをしまくって陶酔していました(笑)」と素直に喜んでいた。

 そんな鄭大世氏は解説業の“怖さ”を次のように話している。
 
「ネガティブな話に対して反応が起きるんです。僕が何か批判したり、ちょっと上から目線で言うと、それへのリアクションが来るわけで。だから、そこは気を付けるように心掛けています。

「代表批判は絶対にしません。おそらく多くの人が僕に求めているのは北朝鮮代表批判なんですよ。ラフプレーがあった時に鄭大世は何を言うんだみたいな。でも、僕はどっちに対してもネガティブなことは言いません。無難な答になりながらも戦術的なところも伝えれば良い反応があるだろうという心構えで臨んでいます」

 ネガティブを排除した解説は、今後も鄭大世氏のスタイルとして決してブレない。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【関連記事】
「結局、先入観なんですよ」北朝鮮代表の“ダーティー”な印象について鄭大世がどうしても伝えたいこと「槙野に聞いても…」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「ヒデは怪物だった」“ローマの英雄”トッティが元同僚の中田英寿を回想!「ずば抜けた選手でありながら、ピッチ外でも...」
「衝撃的だった」中田英寿が“驚愕したチームメイト”を回想!「彼ほどボールを蹴るのが上手い選手を見たことがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ