• トップ
  • ニュース一覧
  • 「結局、先入観なんですよ」北朝鮮代表の“ダーティー”な印象について鄭大世がどうしても伝えたいこと「槙野に聞いても…」

「結局、先入観なんですよ」北朝鮮代表の“ダーティー”な印象について鄭大世がどうしても伝えたいこと「槙野に聞いても…」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月18日

「僕もびっくりするくらいの…」

日本戦で奮闘した北朝鮮代表。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 北中米ワールドカップのアジア2次予選、北朝鮮代表と戦った日本代表が1-0で勝利を収めたのは記憶に新しい。その試合後、元北朝鮮代表の鄭大世氏は自身のX(旧ツイッター)に次の投稿をした。

「もちろん僕の立場では朝鮮代表が勝ったらそりゃ嬉しいですが、川崎Fの後輩の田中碧が決めてくれたからそれはそれで和んでます。12番と17番のラフプレイはマジいらないけど、全体的にマジで面白かったです。おめでとう御座います」

 どんな想いでこの投稿をしたのか。本人に問うと、「北朝鮮代表がやっぱり強かった」との感想が返ってきた。

「その強さがフットボールの強さじゃないってところがまた面白くて。昔から変わってないなと。(北朝鮮代表は)選手が変わっても、短所と長所は変わらないと改めてそう思いました。前半は勿体なかったですが、後半になってからの勢いの変化。ここまでの力があるんだと示してくれたし、久々に見て格好いいと思いました」

 日本側から見れば、その北朝鮮の勢いを3バックシステムへの変更で削ぎ落とところに「面白さがあった」と鄭大世氏は話していた。  

 投稿で気になったのは「(北朝鮮代表の)12番と17番のラフプレイはマジいらないけど」の部分である。鄭大世氏に言わせれば、北朝鮮代表は“ダーティー”ではない。

「みんな、先入観から入りますからね。北朝鮮代表は酷いみたいに言われる。で、槙野に聞いても同じことを言っていて。だから、槙野に聞いたんですよ。『マキさ、北朝鮮にラフプレーされたことある?』って。そうしたら、『確かに…』みたいな答が返ってくるんですよ。結局、それって先入観なんですよ」
 
 しかし、今回の日本戦では「僕もびっくりするくらいのラフプレーがあって」と鄭大世氏は回顧する。

「(ラフプレーが酷かったのは)分析した結果、12番と17番だった。なんで行くのという場面でラフプレーをしていた」

 ただ、鄭大世氏が主張したのは「12番と17番の結局は個人の問題」であって、チームとしてラフプレーをしているわけではないことである。

 北朝鮮代表全員がラフプレーをするわけではない。

 これこそ、鄭大世氏がどうしても伝えたかったことである。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「コイツは違う。今まで見てきたFWで確実にいない」鄭大世が絶賛したJリーガーは?「選手として全てを持っている」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「ヒデは怪物だった」“ローマの英雄”トッティが元同僚の中田英寿を回想!「ずば抜けた選手でありながら、ピッチ外でも...」
「衝撃的だった」中田英寿が“驚愕したチームメイト”を回想!「彼ほどボールを蹴るのが上手い選手を見たことがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ