• トップ
  • ニュース一覧
  • 「トミヤスが先発かと思った」アーセナルの伝説FWが冨安健洋の“起用なし”に驚き! キビオルの起用に苦言「ウイングが不快に感じることを少しもしなかった」

「トミヤスが先発かと思った」アーセナルの伝説FWが冨安健洋の“起用なし”に驚き! キビオルの起用に苦言「ウイングが不快に感じることを少しもしなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月10日

「トミヤスに重要な役割を与えていただろう」

バイエルン戦は4試合ぶりに出番がなかった冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルのスーパーレジェンドが首を傾げた。

 現地4月9日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第1レグで、冨安健洋が所属するアーセナルはバイエルンとホームで対戦。2-2のドローに終わった。

 一部では左SBで先発を予想するメディアもあった冨安は出番なし。そのポジションでスタメン起用されたのはヤクブ・キビオルで、1-2で迎えたハーフタイムには、そのキビオルを下げて攻撃的なオレクサンドル・ジンチェンコを投入している。

 そんななか、英メディア『THE BOOT ROOM』は「イアン・ライト、ミケル・アルテタ監督がバイエルン戦でアーセナルの1600万ポンドの選手を全く使わなかったことに驚いた」と見出しを打った記事を掲載。次のように伝えた。
【動画】アーセナル陣営が激怒したノーPKシーン
「イアン・ライトはミケル・アルテタのトミヤスに対する決断に驚いた。ミケル・アルテタはハーフタイムに交代を決断し、キビオルを下げた。興味深いことに、ポーランド代表の代わりに起用されたのはオレクサンドル・ジンチェンコだった」

 同メディアは「『ライティーズ・ハウス』でイアン・ライトは、ジンチェンコの出場を見て驚いたかどうか尋ねられた。そして、(自分であれば)トミヤスに重要な役割を与えていただろうと提案した」と報道。アーセナルのレジェンドFWであるI・ライト氏の発言を伝えている。

「ジンチェンコがあの試合で先発出場しなかったのは、(バイエルンのウイングであるレロイ・)ザネの影響だと思う。誰かが誰かを1対1で止めないといけない状況なら、トミヤスが先発するかもしれないと思った」

 そして、2点目のPK献上に繋がるザネのドリブル突破を許したキビオルに苦言を呈している。

「ボールが入ったとき、(マーカーが)十分に近づいていない、蹴ろうとしない、ボールを受け取ったときに少しも不快に感じるようなことをしなかった場合、ウインガーは自信を得ることができる」

 ザネ封じは、冨安に託すべきだったと感じている」ようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 
【関連記事】
「使わねーから、ザネが躍動」「出れば全てが解決」冨安健洋のCL出番なしに不満の声!「アルテタはドイツ対日本見てなかったのかね」
「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」
終了直前の“ノーPK判定”にアーセナルのサカが激昂! 同点弾トロサールも不満「PKに見えたし、明らかに接触したようだった」
「信じられない」アーセナルMFの“ノーPK判定”にマンUレジェンドも愕然!「なぜ与えられなかった?」
「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ