• トップ
  • ニュース一覧
  • 「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」

「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月10日

試合は2-2のドロー

GKノイアーと接触して倒れるサカ(中)。(C)Getty Images

画像を見る

 当人のブカヨ・サカをはじめアーセナルサイドが激怒した判定が物議を醸している。

 現地4月9日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第1レグで、冨安健洋が所属するアーセナルはバイエルンをホームに迎え、2-2で引き分けた。

 議論を呼んでいるのが、後半アディショナルタイム5分のプレーだ。

 アーセナルのMFサカがボックス内で敵GKマヌエル・ノイアーと接触して倒れたものの、PKは与えられなかった。
【動画】アーセナル陣営が激怒したノーPKシーン
 英メディア『talkSPORT』によれば、アーセナルのレジェンドOBであるマーティン・キーオン氏は解説を務めた『TNT Sports』でこう判定を主張している。

「サカがボールに向かって足を出した疑いがあるが、キーパーのノイアーの動きは実際にそのボールに向かって来ている。彼はただ出てきて、チャレンジをした。私にとって、それは何が何でもペナルティだ」

 古巣に不利な判定となり、怒りが収まらないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 
【関連記事】
終了直前の“ノーPK判定”にアーセナルのサカが激昂! 同点弾トロサールも不満「PKに見えたし、明らかに接触したようだった」
アルテタ采配ずばり!アーセナル、独王者バイエルンに逆転許すもトロサール弾で追い付き2-2ドロー。冨安は出番なし【CL準々決勝】
両チーム合わせて計6ゴールの打ち合い! 白熱したマドリー対マンCの第1レグは、互いに譲らず3-3のドロー決着【CL準々決勝】
「非常に素敵な方」「彼に時間がなくても...」元なでしこ岩渕真奈、アーセナル戦士との秘話に人気解説者も興奮!「半端ないですね」
「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ