• トップ
  • ニュース一覧
  • 「CLでは相手に何も与えてはいけない」アーセナルのアルテタ監督が2失点を悔やむ。サカへのノーPK判定には…

「CLでは相手に何も与えてはいけない」アーセナルのアルテタ監督が2失点を悔やむ。サカへのノーPK判定には…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月10日

ホームでバイエルンと2-2ドロー

4強入りを目ざすアーセナルのアルテタ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月9日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第1レグで、冨安健洋が所属するアーセナルはホームでバイエルンと対戦した。

 アーセナルは12分にブカヨ・サカの得点で先制したものの、18分にセルジュ・ニャブリ、32分にハリー・ケインにゴールを奪われ、逆転を許す。それでも76分にレアンドロ・トロサールが同点弾を決めて2-2で引き分けた。なお、冨安はベンチ入りも出番はなかった。

 クラブの公式サイトによると、ミケル・アルテタ監督はこの一戦を、以下のように振り返っている。

「試合の入りはとても良かった。相手陣内で優勢にプレーし、勢いを生み出し、先制ゴールを決めた。ベン・ホワイトがゴールキーパーの(マヌエル・)ノイアーの前に出て、2点差にできる重要な場面があった。しかし決めなければ、違う展開になってしまう。2失点してしまったが、チャンピオンズリーグでは相手に何も与えてはいけない。この大会では差は本当にわずかだ」
【動画】アーセナル陣営が激怒したノーPKシーン
 後半アディショナルタイムには、ビッグチャンスがあった。スルーパスに抜け出したサカが決定機を迎えると、ボックス内でノイアーと接触して転倒。しかし、PKは与えられなかった。

 指揮官はこの判定について訊かれると、「下された判定は変えられない。我々はコントロールできる他の部分に集中するべきだ。今夜の試合では、もっと上手くやれたはずだ」と述べている。

 第2レグは17日に敵地アリアンツ・アレーナで開催。アーセナルは2008-09シーズン以来の4強入りを果たせるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」
 
【関連記事】
「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」
終了直前の“ノーPK判定”にアーセナルのサカが激昂! 同点弾トロサールも不満「PKに見えたし、明らかに接触したようだった」
長谷川唯、ピッチで泣き崩れる。なでしこJの現実を痛感。流した涙は、パリで輝くための原動力に【フォトコラム】
「思いっきり蹴ったつもりなのに...」なでしこジャパンの“4連続PK失敗”はなぜ起きた?
「自信がないのか、能力不足なのか」連敗のバイエルン、久々先発の韓国代表キム・ミンジェをドイツ誌が酷評!「トゥヘル監督は失望」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ