• トップ
  • ニュース一覧
  • 長谷川唯、ピッチで泣き崩れる。なでしこJの現実を痛感。流した涙は、パリで輝くための原動力に【フォトコラム】

長谷川唯、ピッチで泣き崩れる。なでしこJの現実を痛感。流した涙は、パリで輝くための原動力に【フォトコラム】

カテゴリ:連載・コラム

金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

2024年04月10日

ゴール右上を狙ったPKは止められる

PK戦で敗れたブラジル戦後、涙を流した長谷川。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ブラジルとの3位決定戦。なでしこジャパンは1-1で突入したPK戦の末に敗れた。アメリカ、カナダなど今夏のパリ五輪出場国が参戦したSheBelieves Cupで、日本は最下位の4位で大会を終えた。

 ブラジルとのPK戦は、0-3。先攻の日本は全員が失敗。3人目のキッカーは、不動のゲームメーカー、長谷川唯。ゴール右上を狙ったけど、相手GKに読まれていた。

 PKを外した瞬間、長谷川はヘアバンドを外して悔しがる。後攻のアメリカの3人目が成功させて勝負が決する。ピッチにうずくまって泣いている背番号14を、浜野まいからチームメイトが慰める。

 ピッチ上でのチームミーティング後も、長谷川は足早にロッカーへと姿を消した。その目にはまだ涙があふれていた。
【PHOTO】なでしこJのアメリカ戦出場16選手&監督の採点・寸評。清家が開始30秒で先制点をゲット
 大会中の取材で、長谷川は「オリンピックやワールカップなど大きな大会は、多くの人に見てもらえれる非常に重要な大会」と話し、「オリンピック前に強豪国と戦える貴重な機会で、立ち位置を知れる大会」と、SheBelieves Cupを戦っていた。

 結果は、準決勝のアメリカ戦は1-2の逆転負け。ブラジルにも敗れて、痛恨の連敗となった。

 練習でも試合でも、和気あいあいと楽しげに振る舞う一方で、いろんなメンバーに声をかける長谷川の姿が印象的だった。チームの中心選手として、強い責任を背負っていたはず。流した涙が、それを物語っていると思う。

 悔しい結果に終わったけど、次に向けた原動力に――パリでとびきりの輝きを放つ長谷川唯に期待したい。

取材・文・写真●金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

【記事】「ライバル視はマジでない」なでしこJの主将・熊谷紗希は新鋭MF谷川萌々子をどう見ている?

【記事】「太陽ってすごいね!」アメリカ遠征中の“皆既日食”に長谷川唯も大興奮! バスを降りたなでしこJの選手たちがカメラに集まり興味津々

【PHOTO】アメリカ戦先発フル出場!インサイドハーフでなでしこジャパンを牽引した長谷川唯を特集!
 
【関連記事】
「全外しはやべぇ」「初めて見たかも」なでしこジャパン、PK戦でまさかの“全員失敗” に悲嘆の声「止められすぎでは」
「思いっきり蹴ったつもりなのに...」なでしこジャパンの“4連続PK失敗”はなぜ起きた?
全くと言っていいほどボールを収められなかったCF田中美南。ブラジル戦のなでしこジャパンはPK戦で3人全員が失敗と“決定力不足”を露呈【コラム】
「パンツの色が見た事ないカッコいい」なでしこJのピンク&ブラックのセットアップに脚光!「珍しい色やな」
「練習したほうがいい」なでしこJのPK“4本”失敗をブラジルファンも酷評。好守連発の母国GKには「よくやった」「まさに完璧だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ