• トップ
  • ニュース一覧
  • 【なでしこジャパン 1-2 アメリカ|採点&寸評】痛恨の逆転負けで軒並み低評価に。唯一の及第点は...

【なでしこジャパン 1-2 アメリカ|採点&寸評】痛恨の逆転負けで軒並み低評価に。唯一の及第点は...

カテゴリ:女子サッカー

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年04月07日

ほとんどすべてで相手に上回られた印象

【警告】なでしこJ=南(29分)、植木(45+1分)アメリカ=なし【退場】なし 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[SheBelieves Cup]日本女子 1-2 アメリカ女子/4月6日/メルセデス・ベンツ・スタジアム

 なでしこジャパンは現地4月6日、『2024 SheBelieves Cup』の準決勝でアメリカ女子代表とメルセデス・ベンツ・スタジアムで対戦。1-2で逆転負けを喫した。

 先制は日本。開始30秒、谷川萌々子が自陣から供給したロングボールに清家貴子が反応して抜け出すと、相手を背負いながらも持ち上がり、狙いすました右足のシュートをゴール左隅に決めた。

 しかし、その後はアメリカに主導権を握られ、21分に強烈なミドルでネットを揺らされ失点。さらに77分に献上したPKを決められ、決勝進出とはならず。3位決定戦へとまわった。
【PHOTO】なでしこJのアメリカ戦出場16選手&監督の採点・寸評。清家が開始30秒で先制点をゲット
▼なでしこジャパンのチーム採点「5」
 4-3-3のシステムで挑んだなか、勝機が見えたのは開始早々に先制点を奪ったところまで。その後は相手のスピード、パワーに苦戦し、なすすべなく敗れた。

 サイドバックの裏のスペースをことごとく使われ、クロスから再三にわたってピンチを迎え、ボールを奪っても縦パスが中盤に収まらず。なかなか前進できないもどかしい時間が続く。

 前からのプレスもハマらず。ズルズルと守備ラインを押し下げられ、個々のパフォーマンス、連係面、チーム力など、ほとんどすべてで相手に上回られた印象だ。

 長野風花、長谷川唯、谷川萌々子の中盤3枚は、ポジショニングやマークの受け渡しがハマっていた時間帯もあったが、ほとんど防戦一方だった展開を見れば、採点は厳しくならざるを得ない。2失点の守備陣、1点のみに終わった攻撃陣も軒並み低評価に。唯一、自身の仕事をこなした先制弾の清家のみ及第点とした。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【厳選ショット】清家貴子の開始30秒弾で先制も…5万超大観衆のアウェーで逆転負けを喫する|Shebelieves Cup準決勝 日本女子1-2アメリカ女子

【記事】「みんなが先に繋げてくれたから...」代表復帰のなでしこ宮澤ひなたがチームに感謝。最終予選不在で「もどかしさは正直あった」

【記事】「人に対して強く来る」なでしこ谷川萌々子が海外挑戦で感じたのは?「勝負を決められるような選手になりたい」
 
【関連記事】
なでしこジャパンが敵地アメリカで起こした“21年ぶりの快挙”に米メディアも驚き!「5万644人の観客動員は史上最多だ」など記録づくめ
「アメリカ強いな」「なかなか厳しい」なでしこJ、30秒で先制も米国戦逆転負けに反響! PK判定には不満の声も「本当に不当すぎる」
なでしこJ、アメリカ戦は5万人を超える完全アウェー! 試合前にはDJも登場、ド派手な演出でお祭り騒ぎ!
「大観衆を沈黙させた!」なでしこ清家貴子がアメリカ戦で決めた“開始30秒弾”に現地実況も衝撃!「なんて一撃だ」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ