• トップ
  • ニュース一覧
  • 浦和戦から怒涛の5連戦、クラモフスキー監督にとっては天国か地獄の分かれ道になるか【FC東京】

浦和戦から怒涛の5連戦、クラモフスキー監督にとっては天国か地獄の分かれ道になるか【FC東京】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月03日

まさに総力戦となる

怒涛の5連戦、クラモフスキー監督の采配が注目される。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグの5試合を終えて1勝2分2敗の15位。ここまでFC東京は波に乗れず、苦しんでいる印象だ。「リーグ優勝が目標」と明言しているので、なんとももどかしい結果と言えるだろう。

 ただ、当然ながら巻き返しのチャンスは十分にある。ファン・サポーターのハートをガッチリと掴むうえで、まずは浦和(4月3日)、鹿島(同7日)と戦うホーム2連戦、さらに同じ首都クラブである東京V(4月13日)、町田(4月21日)と激突する2連戦は絶対に落とせない。いや、5節までの遅れを取り戻す意味で、勝利が必須だ。

 4月17日にはYS横浜とのルヴァンカップもあるので、5連戦となる。しかも鹿島戦では、キーマンの荒木を契約上起用できない(鹿島からレンタルのため)。そのうえ、パリ五輪のアジア最終予選を戦うU-23日本代表のメンバーに松木らが選ばれる可能性もあるため、この5連戦はまさに総力戦となる。
 
 川崎との多摩川クラシコでは1トップの荒木とトップ下の松木を抑え込まれて完敗を喫した。この反省を踏まえて、浦和戦はどんなオーダーで望むのか。クラモフスキー監督の腕の見せどころとなる。

 相手のプレスをどう回避し、荒木、松木に良い形でボールを入れられるかが、浦和戦ではポイントのひとつになるだろう。現状、もっともゴールの匂いがするのは荒木にボールが渡った時。サイドからのクロスを含め、このテクニシャンに如何に合わせるか。守備陣がそこまで整備されていない状況で白星を掴むには、守り切るよりも攻め切るスタンスが何より重要だ。

 浦和戦からの怒涛の5連戦、クラモフスキー監督にとっては天国か地獄の分かれ道になるか。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【動画】小野伸二が驚嘆した荒木の超絶フェイント弾!

【記事】「自分なんて超えていた」天才MF小野伸二の“ごく身近にいた”消えた逸材とは? 衝撃の事実にスタジオ騒然!「グレちゃったんですけど...」

【記事】「上回る人はいない」天才・小野伸二が“最もスゴい”と感じたファンタジスタは?
【関連記事】
「嫌なチーム」新エースと呼ぶに相応しい活躍の荒木遼太郎が警戒するJ1クラブは?【FC東京】
「厄介な選手」FC東京の荒木遼太郎が古巣・鹿島戦に向けて真っ先に挙げた名前は…
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
4/3浦和戦に出場すれば…。森重真人が“中村憲剛超え”を果たせる記録とは?【FC東京】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ