• トップ
  • ニュース一覧
  • 大津高のタレントが揃うと言われる“3年周期”。今年は勝負の年、Jスカウトも太鼓判を押すポテンシャル「全員が良い」

大津高のタレントが揃うと言われる“3年周期”。今年は勝負の年、Jスカウトも太鼓判を押すポテンシャル「全員が良い」

カテゴリ:Jリーグ

森田将義

2024年03月29日

20得点・1失点で頂点に

「PUMA CUP」で頂点に輝いた大津。写真:森田将義

画像を見る

 3月25日から同28日にかけて大阪府堺市で開催されたのが、「PUMA CUP U-17 in SAKAI」だ。

 東は前橋育英高から西は神村学園高まで、全国強豪の26チームが一堂に会する大会とあって、Jクラブや大学のスカウトが多数視察に訪れたなか、一番注目を集めたのは大津高。初戦で履正社高に8-0で大勝すると以降も快勝を続け、終わってみれば4試合で20得点・1失点という他を寄せ付けない成績を残して頂点に立った。

 大津は大会前に福岡県で行なわれた国際大会「サニックスカップ」でも危なげない戦いぶりで優勝しており、チーム状態の良さが目を惹く。それもそのはずで、今年は大津にとっての勝負の年。大津は3年周期でタレント揃いの年が訪れると言われており、日本代表のDF谷口彰悟(アル・ラーヤン/UAE)をはじめ、7人ものJリーガーを輩出した1991年組がその筆頭だ。

 以降もDF植田直通(鹿島アントラーズ)、FW豊川雄太(京都サンガF.C.)の1994年組、DF野田裕喜(柏レイソル)、MF河原創(サガン鳥栖)の1997年組、DF福島隼斗(栃木SC)、FW大崎舜(ロアッソ熊本)の2000年組と続く。
 
 選手権で準優勝を果たした2003年組もGK佐藤瑠星(筑波大)、MF森田大智(早稲田大)など、大学経由でJリーガーになりそうな選手が揃っている。大津高では学年ごとに体操服の色が違い、3年に1度訪れる緑色の体操服をまとう世代が豊作の年だと自身もOBである山城朋大監督は口にする。

 今年の最上級生はそうした3年周期にあたる代で、入学時から期待されてきた。ただタレントが揃うだけでなく、近年は経験値を積む舞台が整っていることも彼らの成長を促進してきたのは間違いない。

 今年の3年生が入学した2022年からは、Aチームがプレミアリーグ、Bチームがプリンスリーグ九州に参戦。選手の多くが下級生のうちから高いレベルの舞台を経験してきた価値は大きく、MF嶋本悠大(3年)はこう語る。

「今年は昨年からプレミアで試合に出ている選手だけでなく、プリンスでも主役として出ていた選手が多い。選手層も厚いので、全員が主体となって気持ちよくプレーできています」
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
【関連記事】
「自分なんて超えていた」天才MF小野伸二の“ごく身近にいた”消えた逸材とは? 衝撃の事実にスタジオ騒然!「グレちゃったんですけど...」
「フェイントえぐい。引っ掛かる」内田篤人が驚嘆したウイングは? パリ五輪世代MFも感服「絶対に付いていけないです」
“デカくて動ける”190センチのCB。ブレイク必至の大津・五嶋夏生はあふれる涙をこらえ切れず「勝たせられるキャプテンになりたい」
どうした青森山田!? 選手権優勝から3か月半、サニックス杯でまさかの7位。佐賀東戦で指揮官が雷を落とす。いったい何があったのか
大岩ジャパンのU-23アジア杯メンバー23人を予想! チェイス・アンリの招集は? 3月シリーズで存在感の平河も関根も選出と予測

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ