• トップ
  • ニュース一覧
  • アジア杯イラン戦から異例の“中0日”出場…モナコ南野拓実が当時の心中を明かす「自分のポジションを他の選手に渡したくない」

アジア杯イラン戦から異例の“中0日”出場…モナコ南野拓実が当時の心中を明かす「自分のポジションを他の選手に渡したくない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月28日

「監督に必要とされるのは嬉しい」

イラン戦翌日のル・アーブル戦で途中出場を果たした南野。(C)Getty Images

画像を見る

 DAZNの公式YouTubeチャンネルで公開された「リーグ・アンメディアツアー|モナコ潜入編」で、モナコの日本代表MF南野拓実がインタビューに対応。話題となった“中0日”出場について言及した。

 カタールで開催された先のアジアカップで、日本代表は2月3日に行なわれた準々決勝でイランに1-2に敗北。予期せぬ早期敗退を余儀なくされた。

 すると、そのイラン戦で67分からピッチに立っていた南野は、休むことなく翌日にモナコへ合流。同日に開催されたル・アーブル戦(1-1)に、なんと71分から途中出場を果たしたのだ。
【動画】モナコの魅力を紹介!南野拓実のインタビュー
 29歳のアタッカーは、イラン戦から“中0日”で強行出場した時の心中を、次のように明かした。

「アジアカップが終わったからには、なるべく早く帰って試合に出たかった。自分のポジションを他の選手に渡したくないという思いがあったし、チームもあまり調子が良くなかったので、チームのためにプレーしたかった。監督に必要とされるのは嬉しいし、だからこそ起用に応え続けたい」

 そうした強い思いを粋に感じ、指揮官も起用をためらわなかったのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「監督のやるサッカーが自分に合っている」モナコで充実の日々も、南野拓実は満足せず「もっと貢献できた」
 
【関連記事】
「監督のやるサッカーが自分に合っている」モナコで充実の日々も、南野拓実は満足せず「もっと貢献できた」
なぜ苦戦? 北朝鮮の罠にハマったのか、それとも墓穴を掘ったのか。南野拓実のコメントから判断すると…
アジア杯で序列を上げた選手が北朝鮮戦でまさかのメンバー外。久保や遠藤のベンチスタート以上に驚きだった【日本代表】
内田篤人が日本代表に呼んでほしい選手は? 「きっかけがあれば...」
「エンドウの躍進はリバプールに革命をもたらした」遠藤航の獲得は歴史的成功!現地メディアが大絶賛「彼を外すのは難しい」「他の選手と違うのは...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ