• トップ
  • ニュース一覧
  • イングランド代表の名守護神が痛恨ミス! ペナ外からまさかの…直の先輩がバッサリ「酷い一撃」「まるで贈り物だ」

イングランド代表の名守護神が痛恨ミス! ペナ外からまさかの…直の先輩がバッサリ「酷い一撃」「まるで贈り物だ」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月27日

「場違いなパスを出した。全く面白くない」

らしからぬミスで先制点を献上したピックフォード。(C)Getty Images

画像を見る

 イングランド代表は現地時間3月26日、フレンドリーマッチでベルギー代表と対戦。終了間際にジュード・ベリンガム(レアル・マドリー)が同点弾を奪い、2-2で終えた。

 手痛い失態として批判に晒されているのが、開始11分のシーンだ。守護神のジョーダン・ピックフォード(エバートン)は、ペナルティエリア外のタッチライン際から、前線を目掛けてパスを送り込む。

 だが、味方には繋がらず。自陣中央でカットされると、必死にゴール前に戻るも、ユーリ・ティーレマンス(アストン・ビラ)に難なく流し込まれ、先制点を許してしまったのだ。
【動画】絶対にカットされてはいけないパスだったが…痛恨の先制点献上シーン
 英紙『Daily Mail』によれば、自身もかつてイングランド代表の守護神を務めたロバート・グリーン氏は、後輩のパスミスを「酷い一撃」と表現。厳しい意見を寄せた。

「まるで贈り物だ。ピックフォードはより自分を見せようと、場違いなパスを出した。全く面白くないよ。フィニッシュはクレバーだった。彼(ティーレマンス)はピックフォードが必死でゴール前に戻ってくることを知っていた」

 ピックフォードは今月7日に誕生日を迎え、節目の30歳に。しかし祝ってもらうばかりか、普段もプレミアリーグでしのぎを削る相手に、プレゼントを渡す羽目になった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選!ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
内田篤人が日本代表に呼んでほしい選手は? 「きっかけがあれば...」
「ピックフォードも本当に悲しんでいる」アンチェロッティはファン・ダイクの重傷に何を想う?「サッカー界ではよくある…」
「球離れの遅さが気になる」4年前に久保建英をそう評した小野伸二、現在のプレーをどう見る?
「アジア最強の日本が変化を選んだ」JFAの宮本恒靖会長就任に韓国羨望! 自国と比較し悲嘆「自己満足に溺れた韓国サッカー協会とは違う」
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ