「ピックフォードも本当に悲しんでいる」アンチェロッティはファン・ダイクの重傷に何を想う?「サッカー界ではよくある…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月23日

ダービーで起きた騒動にリバプール側は怒り

ピックフォードと激しい接触プレーで長期離脱を余儀なくされたファン・ダイクについてアンチェロッティが持論を述べた。 (C) Getty Images

画像を見る

 リバプール陣営は、言わずもがな、フィルジル・ファン・ダイクを失ったことに怒っている。世界有数のCBが長期離脱することになったからだ。しかし、心を痛めているのは、敵将カルロ・アンチェロッティも同じである。

 現地時間10月17日に行なわれたマージーサイド・ダービー(プレミアリーグ5節)で、相手GKジョーダン・ピックフォードのタックルを受けたファン・ダイクは右膝の前十字靭帯を負傷。手術を受け、最大8か月の長期離脱を余儀なくされた。

 選手生命も脅かしかねない大怪我を負った同胞の緊急事態にリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ヴァイナルダムは、「ピックフォードのタックルは完全にバカげていた」と非難。ユルゲン・クロップ監督も「何も間違ったことをしていない。だが苦しんでいるのは我々だ。正しくない」と、ピックフォードに処分が下らないことへの不満を表している。

 これに対して、エバートンのアンチェロッティ監督は、「はっきりさせておきたいのだが、我々は本当にファン・ダイクのケガを気の毒に思っているし、全員が早期回復を願っている」と述べた。(エバートン公式サイトより)

「ピックフォードとのコンタクトがあった。完全にタイミングを誤ったコンタクトだった。だが、プレミアリーグはとてもスピードが速い。少し遅れてしまうことはあり得る。彼はボールにいくつもりで、ケガさせるためではなかった。狙ったものとするのは言い過ぎだと思う。それはファン・ダイクも分かっている」
 

 さらにアンチェロッティは、「ピックフォードも本当に悲しみ、落胆している」と続けている。

「強い当たりで、タイミングも誤ったかもしれない。だが、サッカーでは時に起こり得ることだ」

 百戦錬磨の名将の言葉をリバプール陣営はどのように受け止めただろうか。何はともあれ、今はファン・ダイクの回復を祈るばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ