「素晴らしい才能だけでは勝てない」ドゥンガがブラジル代表監督の難しさを語る!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月24日

「メディアもファンもスターのプレーが見たい」

ブラジル代表の監督として南アフリカW杯を戦ったドゥンガ氏。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカー王国ブラジルのレジェンド、ドゥンガ氏が元日本代表MFの鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルに出演。
【動画】ドゥンガがブラジル代表の監督時代を回想
 ドゥンガ氏は、現役時代はワールドカップに3度出場し、1994年のアメリカ大会では主将を務めて優勝を経験。クラブでは母国のインテルナシオナルほか、イタリアやドイツでも活躍し、95年からは4シーズンにわたり、ジュビロ磐田でもプレーした。

 引退後は指導者に転身し、06年にブラジル代表の指揮官に就任した。それまで監督は未経験だったが、不安はなかったという。

「過去に監督ではなかったけど、磐田でアドバイザーをやったこともあって、若い選手にも指導した経験があった。そういう経験は積んでいたから自分は監督をやる準備ができていたんだ」

 さらに、「多くの経験豊富な監督がワールドカップを優勝できずに、経験の浅い監督が優勝できた」と語り、成功した具体例として、22年のカタールW杯で優勝したアルゼンチンのリオネル・スカローニ監督を挙げた。
 
 自身が監督に就任し、起用していたロナウジーニョ、ロナウド、カカ、アドリアーノを「ファンタスティックで素晴らしい選手たち」と称賛。一方、ブラジル代表を率いる難しさをこう語る。

「素晴らしい才能を持っていても、試合で表現できなければ意味がない。素晴らしい才能を持つ選手がいくらいても、勝てなければ何かが足りていないんだ。『素晴らしい才能』だけでは勝てない。

 だから監督は難しくて、メディアもファンもスター選手たちのプレーが見たい。でも、監督が『パフォーマンスが悪い』と感じて別の選手と交代させると、『なぜ起用しない?』と批判されるから、監督の采配は難しい」

 セレソンを率いて臨んだ10年の南アフリカW杯で、ブラジルはベスト8で敗退。ドゥンガ氏は「悲しい大会だった」と振り返った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】90年W杯で戦犯扱い。元ブラジル代表主将ドゥンガが明かすプレッシャーとの向き合い方「今が幸せだから...」
 
【関連記事】
90年W杯で戦犯扱い。元ブラジル代表主将ドゥンガが明かすプレッシャーとの向き合い方「今が幸せだから...」
「FIFAが断固たる立場を示した」北朝鮮対日本“開催&リスケなし”に韓国メディアが反応!「2回連続はダメだった」
「北朝鮮がアルグアシル監督をハッピーにさせる」久保建英、まさかの“出場0分”で帰還にスペインメディアも驚き!
「恥知らずな小さい男だ」シンガポールと痛恨ドローの中国代表、PK失敗を“スルー”のエースに辛辣批判!「国内最高の選手なんて本当にばかげている」
「決してラフプレーではなかった」前園真聖が北朝鮮代表の風評に異論!「タイトに来ていたけど想定内」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ