• トップ
  • ニュース一覧
  • 90年W杯で戦犯扱い。元ブラジル代表主将ドゥンガが明かすプレッシャーとの向き合い方「今が幸せだから...」

90年W杯で戦犯扱い。元ブラジル代表主将ドゥンガが明かすプレッシャーとの向き合い方「今が幸せだから...」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月24日

「どこで何を達成したいのかだけを考えて集中して楽しむ」

ブラジル代表の主将としてW杯制覇を経験したドゥンガ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 元ブラジル代表MFのドゥンガ氏が3月22日、元日本代表MF鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルに出演。批判との向き合い方を語った。
【動画】ドゥンガがイタリアW杯からの4年間を語る
 ドゥンガ氏は、1990年に行なわれたイタリア・ワールドカップにブラジル代表の一員として出場。チームはラウンド16でアルゼンチンに敗れ、「(次のW杯までの)4年間は批判され続け、『ドゥンガのせいだ』と戦犯扱いされた」と振り返る。

 ジュビロ磐田でもプレーした闘将は、ブラジルでの批判の量は日本よりもはるかに多いとして、当時の心境を明かす。

「何か悪いことが起こると『全てドゥンガのせいだ』と言われた。でも、嘆いてもしょうがないから努力し続け、4年後のワールドカップで『見返そう』と思っていた」
 
 厳しいプレッシャーにさらされるなか、鈴木氏に「サッカーを楽しんでたのか」と問われると、「すごく楽しんでいたよ」と答える。

「なぜなら、他人の言うことなんて関係ないからね。自分が、どこで何を達成したいのか。それだけを考えて集中して楽しむんだ。批判をする人たちは今、幸せじゃないんだ。僕は今が幸せだから気にしない。ある時に思ったんだ。ピッチに入った瞬間、みんなが応援してくれる。95%の人は応援してくれている。残りの5%の批判が気になってしまうけど、ほとんどの人は味方なんだ」

 批判に屈しなかったドゥンガは、キャプテンを務めた94年のアメリカW杯で見事に母国を優勝に導いたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「カタールはちょいちょいありますけどね」“前代未聞”の北朝鮮戦中止。谷口彰悟が記者陣を爆笑させた発言「アジア杯で優勝して...」
 
【関連記事】
前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――
「カタールはちょいちょいありますけどね」“前代未聞”の北朝鮮戦中止。谷口彰悟が記者陣を爆笑させた発言「アジア杯で優勝して...」
アジア杯では一度もなかった“遠藤抜き”の中盤。主将は守田と田中のダブルボランチをどう見たのか
「活躍しなくても選ばれる」闘莉王の前田批判にセルティック同僚が“反論”! 地元メディアは賛辞「かばったのは素晴らしい」
「抜けてた部分が見えた」前半22分、ベンチを飛び出した長友佑都は板倉滉に何を伝えたのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ