• トップ
  • ニュース一覧
  • 「決してラフプレーではなかった」前園真聖が北朝鮮代表の風評に異論!「タイトに来ていたけど想定内」

「決してラフプレーではなかった」前園真聖が北朝鮮代表の風評に異論!「タイトに来ていたけど想定内」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月24日

「身体を張って、全身で止めてくる」

W杯予選で北朝鮮は日本に0-1で敗戦。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

 元日本代表MFの前園真聖氏が3月24日、フジテレビ系列で放送された情報番組「ワイドナショー」に出演。日本代表と対戦した北朝鮮代表について語った。

 21日に行なわれた北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、森保ジャパンは北朝鮮と対戦。開始2分に田中碧のゴールで先制すると、その後は追加点を奪えなかったものの相手にゴールを割らせず、1-0で勝利した。この一戦の森保ジャパンの出来を、前園氏はこう総評する。

「内容がすごく良いわけではなかったけど、北朝鮮戦は毎回苦しむので。相手は身体を張って、全身で止めてくるような、なかなかアジアでもいないタイプのチーム。苦戦しながらも、勝って良かった」

 MCを務めるタレントの東野幸治さんに、北朝鮮の選手にラフプレーがあったのかと問われると、こう答える。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
「そういう風に言われがちだけど、僕はあまりラフプレーとは思っていない。タイトに来ていたけど、想定内の相手の戦い」

 ただ、75分にカン・グクチョルが前田大然に対する激しいタックルでイエローカードを受けたプレーについては、両足のスパイクの裏が見える格好だったので、VARがあれば一発退場の判定になる可能性があったと解説した。

 このプレー以外は「厳しいマーク、球際だったけど、決してラフプレーというような内容ではなかった」と主張した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「増えてラッキー。厳しくなった」前園真聖が北中米W杯のアジア予選突破に危機感! “8.5”に増枠も「中東勢のレベルが上がっている」

【記事】森保Jはロングボールに弱い? 前園真聖&福西崇史が語る「中途半端に行っちゃうから」「じゃあ、どっちなの? が僕は見えなかった」

【PHOTO】激戦必至の北朝鮮戦。国立に集まり大声援で選手たちをサポートした日本代表サポーター
【関連記事】
「FIFAが断固たる立場を示した」北朝鮮対日本“開催&リスケなし”に韓国メディアが反応!「2回連続はダメだった」
「増えてラッキー。厳しくなった」前園真聖が北中米W杯のアジア予選突破に危機感! “8.5”に増枠も「中東勢のレベルが上がっている」
「逆だった」前園真聖が森保監督の采配を問題視! イラン戦の2戦連続“同じ交代”に「流れとか状況に関係なく...」【アジア杯】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「森保さんのメモはカレーのレシピが...」前園真聖のカタールW杯前の痛烈批判をJOYが暴露!「ゾノさんも散々、裏で叩いていた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ