闘莉王が北朝鮮戦の森保監督に“3点”評価。采配に不満「頑固過ぎるのも良くない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月23日

「もう少し楽に勝てる試合をできたはず」

北朝鮮戦で日本を勝利に導いた森保監督。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

 元日本代表DFの田中マルクス闘莉王氏が、自身のYouTubeチャンネルで日本代表の森保一監督について語った。
【動画】闘莉王が北朝鮮戦の森保ジャパンに喝!
 闘莉王氏は3月21日に行なわれた北中米ワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮に1-0と勝利した森保ジャパンの選手と監督を採点。基準点を「4点」に設定するなか、指揮官は「3点」とし、その理由をこう述べた。

「頑固さが、まだ直らない。多少は良いけど頑固過ぎるのも良くない。早く、少しでも直してほしい」

 森保監督はこの試合で74分に谷口彰悟を投入し、システムを4バックから5バック気味の3バックに変更。最後まで相手にゴールを割らせなかった。闘莉王氏は、この点は評価する。

「少し苦しくなった時に3バックにしたのは良かった。守備は安定した。3バックにしたことで、相手の攻め方が難しくなった」

 ただ、そのタイミングについて注文を付ける。65分あたりで決断すべきだったとの意見だ。
 
「少し遅いのかな、交代のタイミング。もう少し思い切ってチャレンジしないでミスするのが最悪なパターン。チャレンジしてミスするなら、まだ良い」

 FIFAランキングは18位の日本に対し、北朝鮮は114位。相手との実力差から、「2、3点差はつけなきゃダメ。もう少し楽に勝てる試合をできたはず」との見解を示す。

 選手起用については、スタメンに久保建英、途中交代で相馬勇紀、中村敬斗、長友佑都を使うべきだったと主張。人選が守備的だったと指摘する。

「守備からじゃない。攻撃から。日本の方がはるかに上。先発の仕方も守備ができる選手を最初から出すのではなくて、攻撃ができる選手。攻撃に差をつけられるクオリティがある選手を最初から出す」

 ホームで格下相手に辛勝。闘莉王氏は指揮官の采配に疑問を呈した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ダメな試合」闘莉王が日本代表にカツ!北朝鮮戦に辛勝で苦言「相手をなめている」
 
【関連記事】
「ダメな試合」闘莉王が日本代表にカツ!北朝鮮戦に辛勝で苦言「相手をなめている」
「活躍しなくても選ばれる」闘莉王の前田批判にセルティック同僚が“反論”! 地元メディアは賛辞「かばったのは素晴らしい」
「見せてくれていないんだよ何も」闘莉王が前田大然&浅野拓磨を酷評!「活躍しなくても選ばれるんだとなる」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「俺だったら呼ばない」闘莉王が長友の代表復帰にモノ申す!「歳とか、そういう問題ではない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ