• トップ
  • ニュース一覧
  • 「相手の罠にはまった」北朝鮮戦の後半、日本代表に何が起きていたのか。選手たちが証言した“激変”の理由「蹴らなくていいのに...」

「相手の罠にはまった」北朝鮮戦の後半、日本代表に何が起きていたのか。選手たちが証言した“激変”の理由「蹴らなくていいのに...」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年03月22日

「目の色を変えて戦ってきた」

後半は押し込まれる時間帯があったものの、1点を守り切った日本代表。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[W杯予選]日本 1-0 北朝鮮/3月21日/国立競技場

 日本代表は3月21日に国立競技場で行なわれた北中米ワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮と対戦し、1-0で辛勝した。

 開始2分に田中碧のゴ―ルで先制した森保ジャパンは、その後も一方的に押し込んだものの、追加点が奪えない。

 すると後半、ロングボールを蹴り込んでくる相手に押し込まれる。最後は5バックにして何とか守りきったものの、まるで1-2で敗れたアジアカップ準々決勝のイラン戦を想起させるような展開となった。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 なぜ前半と後半で、別のチームのように内容が変わってしまったのか。右サイドハーフで先発した堂安律は「後半は相手の監督が喝を入れたのか、目の色を変えて戦ってきた。ロングボールが増えた」と敵の変化に言及しつつ、日本側の問題をこう話している。

「自分たちが(アジア杯よりも)進歩して、奪った後に縦パスをつけようという意図はあって、縦パスを狙って崩していこうというのがあった。ただ、相手は対人に強い。縦パスを入れなくても(右SBの菅原)由勢のところで前半は起点を作れてたんで、もっとそれを徹底的に後半にやってみてもよかった。それを無理矢理、縦パスをやっていこうっていうのを意識しすぎて。そうじゃなくて、やっぱり相手を見ながら、前半それで(上手く)いったんなら、もっと後半それを徹底してやるべきだと思うし、相手のやり方にはまっちゃった」

 奇しくもイラン戦の反省に取り組もうとする意識が強すぎたことが、マイナスに働いてしまったようだ。10番を背負うMFは「アジアカップの反省をスタッフとチームで話して、なぜイラン戦でボールを回せなかったのか。縦パスを入れなかったのでそこに選手が立てなかったっていうのがあった」と続けている。

「前半そういう意識した中でやってましたけど、ただ俺がフリーランニングをすると相手のサイドバックがついてくるんで、そこに空いたスペースを由勢が結構狙ってたんで、縦パス入れなくてもそこで起点が作れるなら、それでも良かったかな。(縦パスの)意識が少し強すぎて、後半それを狙ったおかげで、相手の罠にはまっちゃった。(もっと)賢くクレバーにできたかな」
 
【関連記事】
【日本1-0北朝鮮|採点&寸評】ホームで予想以上の苦戦。及第点を上回ったのは4人のみ。最高点はMOMの...
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
「この組は日本ほど整理されている国がない」堂安律がまさかの平壌開催中止に見解「どうなってもおかしくないと...」
「悪性伝染病が原因?」北朝鮮vs日本戦の平壌開催が急きょ中止→明かされた理由に韓国メディアも驚愕!「日本には好都合だろう」
よもやの平壌開催白紙。北朝鮮戦後に知った主将の遠藤航はどう受け取った?「とにかくやるつもりで準備する」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ