• トップ
  • ニュース一覧
  • マンUと大激闘…こうした消耗が退任理由? クロップ監督が想いを激白「上手く説明できない。ドイツ語で答えるべきかも」

マンUと大激闘…こうした消耗が退任理由? クロップ監督が想いを激白「上手く説明できない。ドイツ語で答えるべきかも」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月18日

「もしそれができていないと感じたら、私はもう監督ではない」

マンU戦後、遠藤(右端)ら選手たちを出迎えるクロップ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、引き際について語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 就任9季目を迎えている56歳のドイツ人指揮官は、今年1月26日に突如として今季限りでの退任を発表。「エネルギーがなくなってきた。もちろん、今は何の問題もない。いつか発表しなければならないことはずっと前から分かっていた」とメッセージを発信した。

 それからおよそ2か月。FAカップ準々決勝で、マンチェスター・ユナイテッドとの死闘を3-4で落とした後、「このような試合での感情の“消耗”が、退任する理由の一部なのか、それともこの仕事への“中毒”の一部なのか」と問われると、稀代の熱血漢はこう答えた。

「どちらでもない。好きなチームの試合を見れば、かなり感情的になる。だから、ダグアウトにいなくても感情移入はできる。

 勝っている時は(タッチラインは)試合を見るのに最高のポジションだが、負けている時は最悪だ。試合に勝てば監督でいたいし、負ければそうありたくない。あるいは雰囲気が良ければ監督を続けたいし、悪ければ去りたい」
【動画】「惜しすぎる」「叫んでしまった」とファン落胆!惜しかった遠藤の幻ゴ―ル
 クロップ監督はまた、「このような些細な瞬間などとは関係のない、何かについての一般的な決断だ。上手く説明できなくて申し訳ない。ドイツ語で言わなければならないかもしれない。その方がいいかは分からないけどね!」と伝え、こう締め括った。

「誰も何も心配する必要はない。私は自分のやっている仕事の全てが好きなんだ。でも常に最高の状態で臨まないと。もしそれができていないと感じたら、私はもう監督ではない。そういうものだ。そうなれば、少し悪くなるだけでなく、一気に悪化し、間違った場所にいる羽目になる。それが早く分かるなら、決断を下すべきだ」

 ラストイヤーはいよいよ佳境に突入。過去には香川真司、南野拓実、現在は遠藤航と共闘し、日本人選手とも非常に馴染み深い指揮官は、リバプールで有終の美を飾れるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウはなんという選手だ」圧巻パフォの遠藤航にOBの元ブラジル代表MFが驚嘆!名手は何に感銘を受けたのか?
 
【関連記事】
マンUとの死闘を落とす…クロップ監督が不適切な酷使に悔い「マッカ、ワタル、ダルウィン。彼らはいつもプレーしている」
「エンドウが汚れ仕事をするから前の選手は輝ける」リバプール敗退も遠藤航には一定の評価「後半はかなり良かったが、延長戦では非常に疲れていた」
「世界最高の試合で! 歴史的だ」マンU指揮官、リバプールを劇的撃破に大興奮! CL切符獲得へ「これから全試合が決勝」
「遠藤は褒められたものじゃない」リバプールのマンU戦失点にレジェンドOBが苦言「集中力が欠けていた」
「リバプールに来るな」遠藤航、加入前に届いた批判的な声を告白「移籍がニュースになった瞬間に...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ