• トップ
  • ニュース一覧
  • 【大岩ジャパンの最新序列】荒木の起用法は? 国内組中心の編成で気になる3つのポイント

【大岩ジャパンの最新序列】荒木の起用法は? 国内組中心の編成で気になる3つのポイント

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2024年03月16日

GKの定位置争いは横一線

マリ、ウクライナとの2連戦に臨む大岩ジャパンの最新序列。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 パリ五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップまで、残り1か月。大会前最後の活動に挑むU-23日本代表のメンバーが発表された。

 3月22日のマリ戦(サンガスタジアム by KYOCERA)、同25日のウクライナ戦(北九州スタジアム)に向けて招集されたのは、昨年最後の活動となった11月のアルゼンチン戦同様に26名だ。

 今回のメンバーを見ると、目につくのが海外組の少なさだろう。U-23アジア杯はインターナショナルマッチウィーク外に開催されるため、所属クラブの活動を優先しなければならない。そのため、早くから日本サッカー協会側は欧州でプレーする選手たちや所属クラブと対話を続けてきたが、現状では5名の選手を招集するに留めている。

 大岩剛監督も「(招集に)NGというクラブもありますし、『その時のチームの状況やタイミングにもよる』と言っているチームもある」とし、セレクターとしての難しさを口にした。ただ、こうした状況は早くから分かっていたこと。現在も海外クラブとの交渉は続いているが、そうした状況だからこそ国内組の奮起が求められる。

 ポジションごとに現状の序列を整理すると、気になる点は3つある。1つ目がGKだ。今回もA代表に招集された鈴木彩艶(シント=トロイデン)がメンバー外のため、現状では、先のアジアカップでA代表入りを果たした野澤大志ブランドン(FC東京)が最も正守護神の座に近い。

 しかし、今季は怪我の影響もあってクラブで苦しんでおり、3節が終わった時点で出場機会は“0”。そうした状況を踏まえると、定位置争いは横一線となる。

 昨年9月のU-23アジア杯予選以来の招集となった小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)や、同10月のアジア競技大会で評価を高め、昨年11月のアルゼンチン戦で先発出場を果たした藤田和輝(千葉)にもチャンスがある。
 
 2つ目はCB。「センターバックというポジションを取ってみれば、(周囲から)言われる通りで、ずっと選手が活躍できていない」と指揮官が不安を口にしたように、立ち上げ当初から軸を確立できていない。

 西尾隆矢(C大阪)、鈴木海音(磐田)、木村誠二(鳥栖)が中心となってポジションを競ってきた一方で、所属クラブでは継続して試合に出られていなかった。今年に入って西尾が2節から出場機会を得ているが、鈴木海は一度もJ1のピッチに立っておらず、木村はベンチ外が続く。

 新たな選手の台頭が待たれるが、アルゼンチン戦で招集した山﨑大地(広島)も先週のトレーニング中に右膝を痛め、右膝前十字靭帯再建術、内外側半月板縫合術を受けて全治9か月から10か月の診断を受けた。期待されたチェイス・アンリ(シュツットガルト)は今回も招集外となっており、不安は尽きない。

 そこで期待されるのが、馬場晴也(札幌)と高井幸大(川崎)だ。馬場は今季の開幕からレギュラーとして活躍。フルメンバーが揃う大岩ジャパンでは、実に一昨年11月のスペイン・ポルトガル遠征以来の招集となるが、対人プレーの強さや足もとの技術を武器にポジションを掴めるか注目だ。

 プロ2年目を迎えた高井は、開幕からの2試合で先発出場。192センチのサイズを活かしたプレーとビルドアップは日増しに精度が高まっている。昨年はU-20ワールドカップやU-23アジア杯予選にも出場するなど、国際舞台での経験値もプラスの材料。CB問題を解決するようなパフォーマンスに期待が懸かる。

【PHOTO】マリ&ウクライナとの国際親善試合に挑むU-23日本代表招集メンバーを一挙紹介!
【関連記事】
【森保ジャパンの最新序列】三笘&伊東が不在の2列目に注目。復帰の長友と小川は何番手?
「思い出したくない」日本代表の“恐怖の北朝鮮遠征”に韓国メディアが警鐘!主将ソン・フンミンの言葉を回想「ラフプレー、罵詈雑言...」
三笘薫、伊東純也と“飛車角落ち”の森保ジャパンはしたたかな北朝鮮を攻略できるか。最大の注目は久保建英の起用法【コラム】
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ