【日本代表】自らに厳しい目を向ける本田。「日本人は“自問自答”できる」

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年03月26日

「一喜一憂しないで、突き詰めていくしかない」。

自分自身と向き合い、己を高めていくことで、アジアレベルの中でも成長できるはずと本田は考えている。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本はアフガニスタン相手に5-0の大勝を収めた。何人かの若い選手たちが活躍を見せ、チーム内の競争もさらに高まってきた印象だが、本田は別の見方をしている。
 
「競争は当たり前に必要なんですが、競争というものが図り得る状況下ではないんで」
 
 アフガニスタンの勝利を評価していないわけではない。ただ、常に世界基準でモノを見ている本田は、アジアレベルでいくら結果を出せたとしても、ワールドカップを見据えれば、そこで満足すべきではないという考えがあるようだ。
 
 とはいえ、日本はアジアに身を置く以上、この環境で戦っていくしかない。その現実のなかで、本田は日本人の特長にフォーカスして行動している。
 
「結局、やれることも、やれる相手も限られている。でも、日本人は自分たちに対して、厳しい目を向けて、自問自答できると僕は思っている。これが我々の特長なので。限られた相手だけど、満足することなく、厳しく、一喜一憂しないで、突き詰めていくしかない」
 
 飽くなき進化と成長への欲望が、本田をさらに高いレベルへと押し上げていく。
 
「僕は一つひとつのプレーにもっとこだわりを持って、自己分析、チーム分析をしていくべきだと思っています」
 
 おそらく、シリア戦には先発でピッチに立つはず。自問自答を繰り返す本田の“こだわり”から目が離せない。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】MOMは1得点・2アシストの清武。岡崎、長谷部の働きも見逃せないが、4-4-2で柏木は“消えた”
【セルジオ越後の天国と地獄】長友や吉田は必要なかった。ハリルホジッチは慎重すぎたね
【藤田俊哉の目】レスターでの勢いを感じる岡崎。敵のプレッシャーも楽しめているようだ
【日本代表】感覚を大事にする岡崎。「“だいたい”でサッカーをする感じ」がスピード感を生む
【日本代表】ミランと代表での“異なる役割”を本田圭佑は歓迎。「新しい発見があるかもしれない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ