• トップ
  • ニュース一覧
  • 「天才的な決断」「日本代表の方が明らかに優れていた」遠藤航を選んだクロップに称賛!獲得候補だったユナイテッドMFの重大ミスで地元メディア喝采「カルトヒーローになった」

「天才的な決断」「日本代表の方が明らかに優れていた」遠藤航を選んだクロップに称賛!獲得候補だったユナイテッドMFの重大ミスで地元メディア喝采「カルトヒーローになった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月05日

「どちらと契約するかを選択していた」

アムラバト(左)ではなく遠藤を獲得したのは大正解だった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地3月3日のダービーで、宿敵マンチェスター・シティに1-3で敗れたマンチェスター・ユナイテッドは、途中出場で失点に繋がるミスを犯したモロッコ代表MFソフィアン・アムラバトが辛辣な批判を浴びた。

 そんななか、リバプールの専門サイト『ROUSING THE KOP』は、レッズが獲得する可能性があったアムラバトと同じポジションの遠藤航を比較。「クロップ監督の天才的な決断だった」と喝采を送っている。

「シティの3点目は特に失点の仕方が残酷だった。グアルディオラ監督の激しいプレッシングが功を奏し、アムラバトがボールを保持して奪われた。アムラバトにとっては見たくない瞬間だった。しかし、夏にユルゲン・クロップがなぜリバプールに対して天才的な決断を下したのかを浮き彫りにする瞬間でもあった」
【動画】「愚か」「ひどすぎる」と辛辣批判!途中出場のアムラバトが痛恨のミス→ハーランドのダメ押し弾
 同メディアは「昨夏、クロップ監督はモイセス・カイセドの獲得を逃したため、アムラバトとエンドウのどちらと契約するかを選択していた。結局、アムラバトではなくエンドウを選択し、前者は最終的にマンチェスター・ユナイテッドに加入した」と経緯を説明している。

「その時、モロッコ代表としてワールドカップで素晴らしいパフォーマンスを見せたアムラバトはおそらく(獲得候補の中で)最も有名な選手であり、一方、エンドウはあまり注目されていなかった。ファンはクロップの決断に疑問を抱いた」

 記事は「しかし、エンドウはマスターストロークであると証明された。アムラバトは、週末にミスが浮き彫りになったように、シーズンを通じて苦戦してきた。一方、エンドウはアンフィールドでカルト的なヒーローとなり、素晴らしいパフォーマンスをしている。日本代表選手の方が、大差をつけて明らかに優れていた」と続け、こう締め括っている。

「時には監督の直感を信じなければならない。クロップは明らかにブンデスリーガをよく知っており、エンドウをアンフィールドに連れてくることの意味をよく理解していた」

 もしアムラバトだったら――。リバプールのサポーターはゾッとしているかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウの影響力は疑いようがない」なぜ遠藤航を外せないのか。地元メディアが力説!「当初は嘆いていた批評家たちを黙らせ、重要な歯車となった」 
 
【関連記事】
「エンドウの影響力は疑いようがない」なぜ遠藤航を外せないのか。地元メディアが力説!「当初は嘆いていた批評家たちを黙らせ、重要な歯車となった」
「契約を解除しろ」「ひどすぎる」途中出場から9分で痛恨のミス。マンU戦士にファン激怒!「イタリアに送り返せ」
「俺はもう――」松井大輔、女優妻・加藤ローサさんに引退決断を打ち明けるも...まさかの反応に内田篤人は爆笑!
「まさに今の日本代表に必要」アジア杯未招集DFに森保ジャパン入り待望論!「問題点めっちゃ解決しそう」
「3つか4つ先を読んでボールを刈り取る」遠藤航の“恩師”が「引けを取らない」と称えた21歳の日本人MFは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ