• トップ
  • ニュース一覧
  • 「クソみたいだ」幻弾のベリンガムはブチギレ!マドリーの劇的逆転ゴールが直前の“試合終了”で無効に!前代未聞の事態にアンチェロッティも怒り「こんなことは経験したことがない。主審はミスを犯した」

「クソみたいだ」幻弾のベリンガムはブチギレ!マドリーの劇的逆転ゴールが直前の“試合終了”で無効に!前代未聞の事態にアンチェロッティも怒り「こんなことは経験したことがない。主審はミスを犯した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月03日

「決して侮辱的なことを言ったわけではない」

猛抗議するベリンガム(5番)らマドリーイレブン。(C)Getty Images

画像を見る

 前代未聞の結末だった。

 3月2日に開催されたラ・リーガの第27節で、首位のレアル・マドリーがバレンシアと敵地で対戦。2-2のドローに終わった。

 大問題となっているのが、終了のホイッスルだ。2点のビハインドを追いついたマドリーは、最後のチャンス。CKの流れから、右サイドから上げたクロスをジュード・ベリンガムがヘッドで叩き込む。しかし、その直前にヘスス・ヒル・マンサーノ主審の長い笛が鳴っており、ゴールは認められなかった。

 マドリーの選手たちはもちろん猛抗議。激昂したベリンガムはレッドカードを受けている。

【動画】前代未聞!マドリーが激怒したゴール寸前の試合終了
 スペイン紙『AS』によればマドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は試合後、次のように語っている。

「リバウンドの後は我々がボールを保持した。プレーを停止するなら、バレンシアがボールを保持した時点でなければならなかった。いまだかつて、こんなことを経験したことがない。我々がボールを保持していたのだから、彼(主審)はミスを犯した」

 また、退場処分となったベリンガムについては、「彼は自分の言ったことを素直に明かした。『クソみたいなゴールだ』と言ったんだ。だが、悪口を言ったわけではなく、ただイライラしていたんだ。決して侮辱的なことを言ったわけではない」と説明している。

いずれにしても、勝点2を失った形のマドリーの怒りはしばらく収まらないだろう。


【記事】「タケを差し置いて無謀で軽率」久保建英に蹴らせるべき!3連続PK失敗のソシエダMFを番記者が糾弾。準決勝敗退に「クボの努力は水の泡となった」 【現地発】
 
【関連記事】
「タケを差し置いて無謀で軽率」久保建英に蹴らせるべき!3連続PK失敗のソシエダMFを番記者が糾弾。準決勝敗退に「クボの努力は水の泡となった」 【現地発】
「ジダンはクボにクオリティを発揮する機会を与えなかった」96億円でプレミア勢が狙う久保建英、放出したマドリーをスペインメディアが批判!「欧州で最も違いを作れるウイングになった」
「ありえない。最初の20分はここ最近で最悪だった」久保建英を起用しなかったソシエダ指揮官が敗戦に怒り!「すべてのデュエルで完敗した」
「2人の目線が恐かった」松井大輔、若き日の日本代表で“パスをくれなかった”2選手を告白「おまえ外すからやらないって...」
「森保監督にずっと推しているらしい」名波コーチがA代表招集を“激推し”するアタッカーは?元日本代表DFが明かす「まぁ速い。分かっていても止められない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ