【藤田俊哉の目】レスターでの勢いを感じる岡崎。敵のプレッシャーも楽しめているようだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年03月25日

ギャップを見つけスペースを突いていく動きは、むしろ香川のお家芸だったはず…。

鮮やかなターンから股抜きでDFをかわしてのゴール。先制点の場面は、岡崎の勢いを感じるパフォーマンスだった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選、アフガニスタンとの一戦で、日本は5-0の大勝を収めた。どんな試合でも5点を奪うというのは大したもの。この結果に対して、僕の評価として高得点をつけたいし、日本は質の高いパフォーマンスを見せてくれた。やはり、このレベルの相手だったら常に“格の違い”を感じさせてほしいよ。
 
 チームとしては、ゴールの奪い方、時間帯が良かった。前半を1-0で折り返し、後半はゴールラッシュ。奪った形も、中央、サイド、セットプレーと、多彩なバリエーションでゴールネットを揺らした。本田、香川といった主力をベンチに置きながら、日本はアフガニスタンとの力の差を、あらゆる面で示したのだから、まさに完勝と呼ぶにふさわしいんじゃないかな。
 
 なかでも別格の存在感を示していたのが、FWの岡崎慎司だ。おそらくこの試合を見た誰もが、彼のパフォーマンスの凄みに驚いたはずだ。あのゴールシーンひとつ取っても、岡崎の好調を証明しているよね。
 
 くさびのボールを受けるタイミングや場所はさすがだし、相手DFを自らの動きで引き寄せて、反転から相手DFをまた抜き。さらにGKの動きを見て落ち着いてシュートを決めた。まさにイメージ通りのきれいなゴールだった。
 
 ほとんどの時間帯において、最もプレッシャーの厳しいペナルティエリアで、常に相手DFを動かすような“ポジション取り”をしていたところからも今の好調ぶりを感じる。岡崎は相手のプレッシャーを楽しめているようにも見える。相手のギャップを見つけてはスペースを突いていくプレーは、むしろ香川のお家芸だったはずなんだけどね。
 
【関連記事】
【日本代表|戦術検証】トップ下・清武を活かす新システム。マルチMFに指揮権を委ねたのは、ハリルの期待の表われか
【セルジオ越後の天国と地獄】長友や吉田は必要なかった。ハリルホジッチは慎重すぎたね
【サッカーダイジェストの視点|アフガニスタン戦】シンガポール戦が頭をよぎった“嫌な雰囲気の正体”
【日本代表|エリア別検証】機能した前線のトライアングル。中盤の臨機応変さで4-1-3-2への発展型も視野に
金田喜稔がアフガニスタン戦を斬る!「特筆に値した金崎、清武のパフォーマンス。一方で、ハーフナーは以前からなにも変わっていない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ