• トップ
  • ニュース一覧
  • スーパーというより”感動”。負ければ終わりの北朝鮮戦でなでしこジャパンを救ったGK山下の神セーブ【コラム】

スーパーというより”感動”。負ければ終わりの北朝鮮戦でなでしこジャパンを救ったGK山下の神セーブ【コラム】

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年02月28日

藤野の活躍も印象に残った

第1戦に続きこの日も安定感が光ったGK山下(左)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なでしこジャパンがパリ五輪出場を決めた。2024年2月28日、負ければ終わりの北朝鮮戦に2-1と勝利し、本大会への切符を手にしたのだ。

 正直、褒められた試合内容ではなかった。組み立ての局面でスムーズに展開できず、前線で収める回数も少ない。北朝鮮の縦に速いアタックに反応が遅れるシーンもあり、何度も冷や汗をかかされた。

 昨年の女子ワールドカップと同じ3-4-2-1システムも遠藤と宮澤の不在(いずれも負傷)で機能したとは言い難かったが、それでも24分にセットプレーから高橋が先制弾を、76分に清水のチャンスメイクから藤野が追加点を決めて2-0と少ないチャンスをモノにした点は評価できる。その後1点返されるなど守備にも課題があったとはいえ、何より結果が求められる試合で勝利を手にしたのだから、池田監督をはじめとするスタッフ、選手たちには素直に「おめでとう」と伝えたい。
 
 フィールドプレーヤーで光ったのはシャドーに入った藤野だ。崩しのクオリティは今ひとつも、守備面での貢献は計り知れず、ここぞという場面できっちりと決めた勝負強さは評価に値した。最後まで走り抜くタフネスも素晴らしく、冷静なボール捌きがやはり光った長谷川とともに強く印象に残った。

 ただ、この日のMVPをひとり挙げるなら、GKの山下だ。称賛すべきは、あの神セーブ。前半終了間際の44分、チェ・クンオクのヒールキックに素早く反応し、ラインギリギリでボールを掻き出したプレーは、スーパーというより”感動”だった。

 倒れそうになりながらも細かいステップを刻みつつ、ボールをしっかりと見ながらダイビングしてボールを弾き出す。なでしこジャパンを救った、大、大、大ファインプレーだった。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】なでしこジャパンを牽引!笑顔が眩しいDF清水梨紗を特集!
 
【関連記事】
「すげぇー! まじか!」なでしこJがパリ五輪出場を決めた裏カードでオーストラリアが“10―0爆勝”にネット衝撃!「日本の回避策は正解だった」
なでしこJがパリ五輪出場決定!高橋&藤野がゴール、GK山下がビッグセーブ、聖地国立で北朝鮮を2-1撃破
「日本側に偏った判定が見受けられた」北朝鮮指揮官が日本戦の判定に不満「ゲストの私たちをもう少し尊重しても...」
「山下の1ミリ」なでしこ守護神、絶体絶命のピンチを救う超ビッグセーブにファン喝采!「全世界の人に見て欲しい」
「日本の守備は堅かった」「北朝鮮は問題に直面」なでしこJの五輪出場を中国メディアも注目!“山下の1ミリ”には疑念「ゴールラインを割っていたのではないかと疑問が残る」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ