• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本の守備は堅かった」「北朝鮮は問題に直面」なでしこJの五輪出場を中国メディアも注目!“山下の1ミリ”には疑念「ゴールラインを割っていたのではないかと疑問が残る」

「日本の守備は堅かった」「北朝鮮は問題に直面」なでしこJの五輪出場を中国メディアも注目!“山下の1ミリ”には疑念「ゴールラインを割っていたのではないかと疑問が残る」

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月28日

「残念ながらスコアを取り戻すことはできなかった」

追加点を決めた藤野。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月28日に国立競技場で開催されたパリ五輪・アジア最終予選の第2戦で、日本女子代表は北朝鮮女子代表と対戦。第1戦をスコアレスドローで終えていたなか、2-1で勝利し、パリ行きの切符を手にした。

 25分に北川ひかるが蹴ったFKの流れから、最後はDF高橋はなが押し込んで先制したなでしこジャパンは、前半終了間際に大ピンチを招くも、GK山下杏也加がラインぎりぎりでボールをかき出すビッグプレーで失点を許さない。

 76分には藤野あおばのヘッドで加点。その5分後に1点を返されたものの、リードを守り切った。

 この結果をいち早く伝えたのが、中国のポータルサイト『捜狐』だ。「北朝鮮代表は日本に1-2で敗れた。ゴールラインを割らなかった問題に直面した」と見出しを打った記事で次のように報じた。

「25分、日本の攻撃が続き、ゴール前で混戦が起きると、高橋がシュートを放ち、1-0とリードした。45分、北朝鮮の攻撃で問題が発生し、日本のGKがブロックしたが、ボール全体がゴールラインを割っていたのではではないかと疑問が残る」
【動画】なでしこ山下のスーパーセーブ!
 記事は、「後半に入ると、北朝鮮は積極的に攻撃を仕掛けたが、惜しくもチャンスを逸することが多く、日本の守備は堅かった」と続けている。

「76分、日本チームはすぐさま反撃し、藤野がヘディングシュートを決めて2点をリードした。81分、北朝鮮は右サイドからいきなり攻め込み、角度のないところからキム・ヘヨンが決めて1点を返した。その後も北朝鮮は猛攻を続けたが、残念ながらスコアを取り戻すことはできなかった」

 前半のうちに同点に追いつかれていたら、まったく違った展開になっていた可能性がある。明暗を分けたのは、“山下の1ミリ”だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「バカなこと言わないで!」元中国女子代表の“超美人GK”が生放送中に突然号泣&絶叫! ネット上で賛否両論が渦巻く一大騒動へ
 
【関連記事】
「山下の1ミリ」なでしこ守護神、絶体絶命のピンチを救う超ビッグセーブにファン喝采!「全世界の人に見て欲しい」
「日本の攻勢に苦戦」「五輪出場に失敗して落胆」なでしこJに敗戦の北朝鮮を韓国メディアがバッサリ!「最後の関門で苦杯をなめた」
「すげぇー! まじか!」なでしこJがパリ五輪出場を決めた裏カードでオーストラリアが“10―0爆勝”にネット衝撃!「日本の回避策は正解だった」
「日本の応援より熱かった!」国立決戦に駆けつけた“北朝鮮3000人軍団”のド迫力に韓国メディアが驚嘆!「寒さを忘れさせてくれた」
「VARあったら...レッド?」田中美南も痛がる。北朝鮮MFの危険プレーに元日本代表DFも懸念。岩清水梓は「ちょっと危ない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ