• トップ
  • ニュース一覧
  • 実際のプレーで見せる意義。中村俊輔はどう考える? 原風景は中学時代「樋口さんとロンドしているのが楽しかった」

実際のプレーで見せる意義。中村俊輔はどう考える? 原風景は中学時代「樋口さんとロンドしているのが楽しかった」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年02月22日

「一緒にやっていて一番良いのは...」

その技巧は健在。昨年末の引退試合でも数々の美技で観衆を沸かせた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現役引退から1年以上が経っても、その技巧は健在だ。横浜FCでコーチを務める中村俊輔はある日のチーム全体練習後、GK市川暉記のシュート練習で自慢の左足から鋭い一撃をバシバシと決めていた。

 熟練のキックフェイントから、絶妙にタイミングを外すボールさばきから、振り向きざまでもスムーズな動作から。あらゆるシュートパターンでネットを揺らす。市川に止められたり、枠を外せば、ちょっと悔しがる。

 やっぱり上手いよなぁ、と思わず引きつけられるが、俊輔自身はプレーヤー目線で見られることを、あまり歓迎していない様子だ。以前、若手選手が「めっちゃ上手い」と言っていたことを伝えると、「コーチとして見られてないじゃん!」と冗談交じりに返してきた。

 指導者として新たなキャリアを歩み始めている。選手がされるような評価には興味がないのだろう。それでも、実際のプレーで見せられるのは説得力があるし、言葉とはまた違ったアプローチになるのではないか。そんな疑問を俊輔にぶつけてみると、「魅せようと思ってやっているわけじゃない」としたうえで、マリノスのジュニアユース時代のエピソードを話してくれた。

「中学生の時に、樋口さん(靖洋=当時の指導者。後に横浜などで監督)と一緒にボール回しをやっていて、足首の使い方とかフェイント、股を抜くタイミングとか、こうやってやるんだって。なんかすごく楽しかったんだよね。“魅せられている”じゃなくて、樋口さんとロンドしているのが楽しい。だから、ボール回しをしようってなる。逆をついたり、アウトで何かしたり。こういうの上手いなって」

 今の俊輔自身も、何かを見せびらかすつもりは一切ない。ただ、一緒にボールを蹴ることに意味を見出していないわけではないし、選手たちに交じってプレーすることのメリットを全否定するわけでもない。

「一緒にやっていて一番良いのは、中の温度が分かること。本当は外から見て、見抜かなければいけないんだけど、中に入った時に、スライドが遅いなとか、コンパクトじゃないなとか、感じられるものがあると思う。

 もしかしたら、中に入ったら、中に入った時の指導法があるのかもしれない。サポートをもっと早くしたほうがいいと思えば、アップ、アップって一緒にやる。その姿を見て、たとえばディフェンスリーダーだったり、ボランチの選手のヒントになればいい。それは見本として見せるとか、そういう意識ではなくて」
【PHOTO】遂に今週開幕!Jリーグが2024年開幕PRイベントを開催!
 俊輔は「温度」という表現をしたが、それをポジティブに“高める”ことの可能性も探っている。

「メンバーになかなか入れないほうのチームに参加させてもらった時に、モチベーションを上げるとか。長いシーズンの中では、主力組に勝ったりすることもある。で、『これを毎週やろうよ!』って。

 外から『もうちょっとやろう、やらなきゃダメだよ』じゃなくて、中で一緒になって『いいよ、いいよ、できるじゃん!』とか。そうやって温度を高められるのも1つのやり方なのかな」

 チームや監督によっては、コーチが選手と一緒にプレーするのを好まない場合もある。俊輔はその点も十分に理解しており、「コーチが出しゃばると、変な空気になる時もある」と細心の注意を払っている。

 もっとも、横浜FCの四方田修平監督は縛りを設けることはなく、俊輔も「中でやらせてもらえる。それは本当に貴重な時間」と感謝する。

 与えられたタスクで、できることを探し続けている。錆びつかない技巧も武器に、指導者として試行錯誤する日々を過ごしている。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part3)

【記事】「より信頼されるようにしたい」中村俊輔、指導者2年目の現在地。手探りだった去年との違い「あれ良かったよ、とか。逆に質問して聞いてみたり」

【記事】アジア全体のレベルは上がった? 中村俊輔は「分からないな」。自身は連覇を経験「俺らの時だってギリギリで勝った」
 
【関連記事】
アジア全体のレベルは上がった? 中村俊輔は「分からないな」。自身は連覇を経験「俺らの時だってギリギリで勝った」
「より信頼されるようにしたい」中村俊輔、指導者2年目の現在地。手探りだった去年との違い「あれ良かったよ、とか。逆に質問して聞いてみたり」
「後半、お願いします!」「出ねーよ!」中村俊輔と中田英寿の絶妙なやり取りにファン感動「激アツすぎる」「超レアだな」
中村俊輔から直電。内田篤人は「俺、何かしたかな?」。引退試合の呼びかけに「予定とか見ずに即答。行きます!」
「ヒデさんが喋る度にみんな気にする」中村俊輔が明かした“ピリピリしていた”日本代表の雰囲気。森保ジャパン戦士は「昔はやばかったって…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ