• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本代表の森保一監督続投は妥当か? アジア杯ベスト8敗退、豊富な戦力を最大限に活用できる最適任者なのかと言えば...

日本代表の森保一監督続投は妥当か? アジア杯ベスト8敗退、豊富な戦力を最大限に活用できる最適任者なのかと言えば...

カテゴリ:日本代表

加部 究

2024年02月21日

プロフェッショナルな場では妥協のないジャッジが不可欠

日本代表を率いる森保監督。W杯優勝を目標に掲げるなか、アジア杯は無念のベスト8敗退に終わった。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 カタール・ワールドカップを経て、森保一監督体制の継続を後押ししたのは、過去3度経験してきたベスト16という成績以上に、優勝経験国のドイツとスペインに勝利したインパクトの大きさだったはずだ。

 確かにカタール大会当時の両国との力関係を考えれば、余人をもって代え難い快挙だった。それは同時に、ほかの監督では考え難いコスタリカ戦の失策を補って余りある評価に値した。

 その後も日本代表は、ドイツを筆頭に強豪国も含めた親善試合で快進撃を続け、こうしたプロセスを経て指揮官は遠藤航の進言を受け入れる形で目標を世界一へと上方修正したという。

 実際に森保監督の手持ちの戦力は、2002年日韓大会から前任者たちが3度到達したベスト16の頃とは比較にならない。これだけ欧州組が急増の背景には、日本代表選手たちの市場価値の上昇もあるので、森保監督の功績も否定はできないのだが、反面、この豊富な戦力を最大限に活用できる最適任者なのかと言えば大きな疑問符がつく。
 
 カタールW杯での森保監督は、入念に考え抜いたプランを実行し、それが見事に当たった。一方で試合中に起きた不測の事態への対応能力については、アジア最終予選当時から課題になっていた。

 ベスト8敗退に終わった今回のアジアカップではイラク戦で菅原由勢、イラン戦では板倉滉が標的にされていたのに、何も打開策を講じずに敗れた。3年前に行なわれたアウェーでのサウジアラビア戦でもMFで軽いプレーが続き、致命傷の予兆が見えていた柴崎岳を引っ張り、最終的には相手の決勝ゴールに繋がるミスが生まれた。

 もちろん、育成過程なら選手を信じることは大切だ。しかし「世界一を見据える」プロフェッショナルな勝負の場では妥協のないジャッジが不可欠で、競い合う強豪国では刻々と変化するピッチ上の状況に即した対応が出来なければ、タクトを持つ資格も与えられない。

 例えば半世紀以上前のアマチュア時代でも、ドイツ人のデットマール・クラマー特別コーチは、酷いミスを冒したレギュラーSBを「今後、日本代表でおまえの姿を見ることはない!」と厳しく突き放した。復帰させたのは、日常的な好調ぶりを再び確認してからだった。
【アジア杯PHOTO】イランとの戦いをスタジアムで応援した日本代表サポーター(part1)
【関連記事】
「いい監督になりそう」本田圭佑が太鼓判を押した元日本代表は? 引退発表の松井大輔も「補佐役やってみたいけど、断られた」
物議を醸した遠藤航のハンドは意図的だったのか。元日本代表の意見が真っ二つ!「確信犯ですね。僕は好きですけど」「たまたま手に当たった」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「正直、もう選手がどうこう言えるレベルじゃない」堂安律が伊東純也の離脱に見解「意見が全て通るとも思ってなかった」【現地発】
「監督を批判する前に、まず選手が悪い」城彰二が森保Jのハードワーク不足を指摘!「いくら上手くても技術があっても難しい」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ