• トップ
  • ニュース一覧
  • 「最終兵器」を披露できずに終戦した森保ジャパン。対戦国が震撼するはずだった“同時起用”は実現しなかった【担当記者コラム】

「最終兵器」を披露できずに終戦した森保ジャパン。対戦国が震撼するはずだった“同時起用”は実現しなかった【担当記者コラム】

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月09日

イラン戦を前に伊東が離脱

ラウンド16から復帰した三笘(左)は久保とも伊東ともプレーせずに終わった。 写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 3大会ぶりの優勝を目標にアジアカップに挑んだ日本代表は準々決勝でイランに1-2で敗北。ベスト8でまさかの敗退となった。

 今大会に限らず、第二次森保ジャパンで期待され続けてきたのが、右から伊東純也(スタッド・ドゥ・ランス)、久保建英(レアル・ソシエダ)、三笘薫(ブライトン)が並ぶ2列目だった。

 クラブではいずれも崩しの切り札的存在で、個で打開もきるし、周囲も使える。同時起用されてマークが分散すれば、チャンスはいくらでも作り出せそうな期待感がある。

 ただ、二次政権下では久保と伊東が右サイドで代わる代わる先発するケースが少なくなく、三笘はコンディション不良や怪我のために、昨年10月と11月の代表活動に参加せず。このトリオが同時にピッチに立つ機会はなかなか訪れなかった。

【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
 12月に左足首を負傷した三笘は、アジアカップの招集が危ぶまれたものの、無事に選出。ただ、グループステージでの出場は難しいと予想していたため、この強力アタッカートリオは決勝トーナメントでのいわば“最終兵器”になるのではないかと考えていた。

 その三笘はカタールで慎重に調整を続け、ようやくラウンド16のバーレーン戦から出場できる状態となった。だが、周知の通り、その試合で出番がなかった伊東はイラン戦を前に離脱。その破壊力に対戦国が震撼するだろうはずだった3人の共演は、ついに見られなかった。

 堂安律が1ゴール・1アシスト、南野拓実が2ゴール・1アシスト、中村敬斗が1ゴールと、その他の選手が奮闘を見せたのは事実だ。ただ、このトリオが1分も同時起用できずに終わったのは、残念でならない。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

【記事】【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]

【記事】「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ

【記事】アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
【関連記事】
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
「私は素晴らしかったと思う」8強敗退の日本代表、全5試合を取材した海外記者が最も評価した選手は?【現地発】
「日本は本気だったのか?」「全くの予想外」森保Jの8強敗退に現地海外記者も驚き。「アジアで最高のチームなのに、メンタリティはそれほどでもなかった」【現地発】
「日本がアジア最強なのは議論の余地がない」海外記者も驚いた森保Jの8強敗退「なぜイラン戦でそれを証明できなかったのか...」【現地発】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ