• トップ
  • ニュース一覧
  • 3月のW杯予選・北朝鮮戦で呼ぶべき新戦力は? 識者が推す“槍タイプ”のアタッカー3人【日本代表】

3月のW杯予選・北朝鮮戦で呼ぶべき新戦力は? 識者が推す“槍タイプ”のアタッカー3人【日本代表】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年02月18日

いずれも魅力的な人材

切れ味鋭いドリブル突破が魅力の金子。写真:Mutsu Kawamori/Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

「三笘選手さえ100パーセントでいてくれたら、日本代表の左サイド(2列目の左)は問題ないと思います。基本的には三笘選手がスタメン出場して、(こう着状態になって)点が欲しい時に中村選手を使う。で、前田選手にはハイプレスを意識してもらいつつ、ショートカウンターを狙ってもらう」

 3月の北朝鮮戦(W杯予選で21日にホームゲーム、26日にアウェーゲームを行なう)に向け、サッカージャーナリストの河治良幸氏はそう話す。一方で、右サイドには新たな“槍タイプ”が必要と主張。呼ぶべき新戦力候補として同氏が推したのは以下の3人だ。

「金子拓郎選手(ディナモ・ザグレブ)、坂元達裕選手(コベントリー)、三戸舜介選手(スパルタ)。(日本代表の)現有戦力に刺激を与えて、チーム内の競争を活性化できる3人だと思います」

 いずれも魅力的な人材だ。
「三戸選手は左や中央もできるポリバレント性があって、そのうえ右サイドでスペシャルな存在になれます。金子選手は右のウイングバック的な仕事もできます。坂元選手は右で突破できて、左サイドでクロッサー的な役割もこなせます。多少ポリバレントは意識しつつも、スペシャルは縦の突破。そういうカードを入れたいですね」

 アジアカップでのベスト8敗退を受け、3月の北朝鮮戦はニューフェイスを試すチャンスでもある。もちろん、例えば遠藤のように外せない選手はいるが、伊東の問題もありフレッシュなアタッカーをテストする機会と捉えても良さそうだ。

 果たして、森保監督の決断は?

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【記事】「エンドウは自分をマラドーナだと思った」遠藤航の“神の手”にお咎めなしで現地騒然!主審には怒りの声「世界で唯一見逃した男」「どうしてハンドでない?」

 
【関連記事】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー
「多くの仕事をこなし、影響力が増大」大勝に貢献の遠藤航に地元メディアが“8点”のチーム最高評価!追加点の起点に!「重要な2点目に繋がるボールを奪取」
ソシエダ指揮官、久保建英が謝罪した失点に激怒した「理解できない」発言を釈明。「チーム全体に対するメッセージだった」
なぜ冨安健洋はアジア杯帰還後2試合連続でメンバー外となったのか。アーセナル地元メディアが報道「問題を抱えている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ