• トップ
  • ニュース一覧
  • 森保監督へのブーイングは「当然」という識者が「十分にやっているかは正直、クエスチョン」と問題視したのは?

森保監督へのブーイングは「当然」という識者が「十分にやっているかは正直、クエスチョン」と問題視したのは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年02月16日

カタール・ワールドカップまでは…

森保監督はアジアカップで日本を優勝に導けなかった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 アジアカップでのベスト8敗退を受け、森保監督へのブーイングは凄まじい。これに対し、サッカージャーナリストの河治良幸氏は「当然です」と断言する。

 今回の敗戦を踏まえて河治氏が指摘したのは、コーチ陣の仕事ぶりだ。公開練習で選手に主に指導しているように見えるのが名波コーチ、前田コーチ、齊藤コーチだが、そうした背景も含め、河治氏は独自の見解を示した。

「非公開練習の時は森保監督がかなりコミットしているはずです。ただ、純粋におりてきた分析を現場にしっかりフィードバックできているか、その繋ぎというのを名波さんや前田さん、齊藤さんたちが十分にやっているかは正直、クエスチョンです」
 
 そう問題視した河治氏は言葉を継ぐ。

「名波さん、前田さんは練習の空気をすごく作ってくれているし、森保さんにないアイデアも入れてくれているはずです。ただ、それは局面、局面の話であって、(名波さん、前田さんも)指導者経験のあるロールモデルコーチという感じなんですよ。だから、中村憲剛さんや内田篤人さんより年上のロールモデルコーチに映ります。例えば、フリーキックでの駆け引きを語らせたら名波さんの右に出る人はおそらくいないと思います。

でも、そうじゃないと思っていて、コーチって。コーチの入れ替えをすればいいというわけではなくて、物足りない。カタール・ワールドカップまでは横内昭展さん(現・磐田監督)というスペシャリストがいました。(横内さんは)森保さんのお尻も叩けるので。一歩引いた身でありながら、リアルなところで気づいたことをすごく言える存在でした」

 コーチ陣の成長も、強い日本代表を作るうえで不可欠ということだろう。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【記事】「アンドレスと同じような感覚」神戸のエース大迫勇也が体感したメッシの凄さ「ボールが常に身体から離れない」
 
【関連記事】
「罠にかかりまくった」アジアカップのベスト8敗退は過信が招いた悲劇か【日本代表】
「どちらか以外が優勝すればビッグサプライズ」モウリーニョがCLを展望!有力候補に挙げたのは?「バイエルンやパリにも可能性」
「ほとんど何もせず」上田綺世、ELローマ戦で“タッチ数15回”。対戦国メディアからワースト評価相次ぐ「全く相手を苦しめなかった」
「電話で決別の意思を伝えた」クリンスマン監督の解任を韓国メディアが速報! 違約金など約11億円の負担に
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ