• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ほとんど何もせず」上田綺世、ELローマ戦で“タッチ数15回”。対戦国メディアからワースト評価相次ぐ「全く相手を苦しめなかった」

「ほとんど何もせず」上田綺世、ELローマ戦で“タッチ数15回”。対戦国メディアからワースト評価相次ぐ「全く相手を苦しめなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月16日

「本当に存在感がなかった」

ローマ戦で先発した上田。(C)Getty Images

画像を見る

 2月15日に行われたヨーロッパリーグのプレーオフ第1レグ、フェイエノールトはホームにローマを迎え、1-1で引き分けた。前半アディショナルタイムに先制したものの、後半に追いつかれてドロー。敵地での第2レグでベスト16進出を目ざす。

 エースのサンティアゴ・ヒメネスが負傷から復帰したばかりで万全の状態ではないこともあり、上田綺世は国内カップ戦に続いてスタメンに名を連ねた。ヒメネスと交代した63分までプレーしている。

 後半序盤にペナルティーエリア付近でFKを獲得する場面もあった上田だが、ゴールやアシストに迫ることはなかった。対戦国イタリアのメディアは、日本代表ストライカーを厳しく評している。

 大手紙『Gazztta dello Sport』は、上田をチームワーストに選出。5点という採点で「フェイエノールトが(ローマGKミル・)スビラールのほうで動かしていた一種の亡霊だった」と手厳しい。

「1時間弱でタッチ数は15回。相手を苦しめることが全くなかった。もちろん、走りはした。だが、ほとんど何もしなかった」
【動画】上田綺世が先発したフェイエノールト対ローマのハイライト
 また、『Sport Mediaset』もやはりチームワーストの採点。4.5点という厳しい評価で、「本当に存在感のないパフォーマンスだった」と伝えている。

「後半立ち上がりにボックス付近でFKを獲得したのが唯一。だが、FKはエドアルド・ボーベに向けて蹴ってしまった。本当に少しだった」

 ほかにも、『TUTTOmercatoWEB』は5.5点で「ヒメネスよりも裏を攻めたが、ずっとローマの壁の前に砕けた」と評価。『Eurosport』は5点で「ピッチに立っていた間、ほぼずっとまったく存在感がなかった。ボックス付近でFKを獲得したのは良かったが、ほかは何もなかった」と伝えている。いずれもチームワーストやワーストタイの採点だ。

 フェイエノールト選手の寸評なしだった『calciomeracato.com』は、上田に及第点の6点をつけている。だが、厳しい評価が多かった。第2レグで挽回する機会はあるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」
 
【関連記事】
2戦連続でスタメンのフェイエ上田綺世。ローマ戦で奮闘も...目に見える結果を渇望「期待にはなかなか応えられていない」【現地発】
「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」
「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
「非常に有望。素晴らしい」三笘薫をユナイテッドOBの元仏代表が絶賛!なぜ右サイドが懸念の古巣に獲得を提言するのか「彼がぴったりだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ