• トップ
  • ニュース一覧
  • 「もう女子サッカーが終わるくらいの覚悟でした」アテネ五輪出場を決めた北朝鮮戦から20年。宮本ともみコーチが実感、今も受け継がれるなでしこJの“魂”

「もう女子サッカーが終わるくらいの覚悟でした」アテネ五輪出場を決めた北朝鮮戦から20年。宮本ともみコーチが実感、今も受け継がれるなでしこJの“魂”

カテゴリ:日本代表

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年02月16日

「その試合に勝てたことで、自分が今ここにいる」

なでしこジャパンの宮本コーチが20年前の北朝鮮戦を振り返った。写真:福冨倖希

画像を見る

 今から20年前の2004年4月。国立競技場で行なわれたアテネ五輪のアジア最終予選・北朝鮮戦を戦ったのが、現在なでしこジャパンのコーチを務める宮本ともみ氏だ。

 3万人を超える大観衆が訪れた聖地国立で、日本は北朝鮮に3-0の完勝を収め、ノックアウトステージで決勝進出を果たし、本大会への切符を獲得。宮本コーチは「自分が現役でやってきたなかで、一番印象的な試合だし、その試合に勝てたことで、自分が今ここにいるっていうぐらい、自分にとっては大きな試合でした」と当時を振り返った。

 その前の2000年シドニー大会では、アジア予選のグループステージで敗退。五輪出場を逃した悔しさを原動力に、その4年後は「責任をしっかり果たしたい」との思いで戦い、勝利を手繰り寄せた。

「自分自身は、アテネの前のシドニーオリンピックを自分たちの責任で(本大会出場を)逃したのを負い目に感じていたし、その当時の選手もかなり残っていたので、責任をしっかり果たしたいという思いがあった。しっかり今後の女子サッカーに繋げられるように、本当にアテネオリンピックを逃したら、もう女子サッカーが終わるくらいの覚悟でした」
【PHOTO】パリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との2連戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!
 あれから約20年もの年月が経ち、なでしこジャパンはパリ五輪の出場権を懸けた北朝鮮との2連戦に挑む。

 宮本コーチは日本を代表する覚悟や結束力は、当時の日本女子代表から、現在のなでしこジャパンに受け継がれていると語る。

「(今の選手は)置かれている環境や育ってきた環境がまったく違うので、違いはすごく感じています。ただ、日の丸を背負って戦うということの重要さは、ずっと受け継がれている。自分自身がスタッフの立場で関わっているなかでも、すごく感じることが多いです。

 チーム愛や結束力は自分が選手の時もものすごく強かったし、今も感じます。今回、パリに行くことが、日本の女子サッカーをさらに良くするということは選手たちも分かっていると思います」

 なでしこジャパンは長年引き継がれてきた“魂”を胸に、2月24日にアウェー(会場未定)で第1戦、28日にホーム(国立競技場)で第2戦を戦う。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...

【記事】「嫌なところでファウルだったり...」なでしこ田中美南が分析する北朝鮮の警戒ポイントは?「こっちも泥臭く戦う」

【PHOTO】北朝鮮との連戦に向け、なでしこジャパンが始動!帯同した11名の選手とスタッフが、笑顔で汗を流す!
 
【関連記事】
試合8日前もいまだ“開催地未定”。なでしこGK平尾知佳が明かす選手間の雰囲気「早く決まってほしいねという話はするけど...」
「この試合に懸ける思いが大事」澤穂希が北朝鮮戦へ挑むなでしこジャパンにエール! 期待する3選手は?「もっと要求していい」
「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...
なでしこジャパンが行なった“北朝鮮対策”は? 最終ラインの背後を警戒「前線の選手も全力で追ってくると予想」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ