• トップ
  • ニュース一覧
  • 「嫌なところでファウルだったり...」なでしこ田中美南が分析する北朝鮮の警戒ポイントは?「こっちも泥臭く戦う」

「嫌なところでファウルだったり...」なでしこ田中美南が分析する北朝鮮の警戒ポイントは?「こっちも泥臭く戦う」

カテゴリ:日本代表

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年02月13日

「積み重ねてきたこと相手にぶつけられれば、必ず勝てる」

田中美が北朝鮮戦に向けて意気込みを語った。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

 なでしこジャパンは2月13日、パリ五輪・アジア最終予選の北朝鮮戦に向けた国内キャンプ1日目を実施。練習後、田中美南が2連戦に向けた思いを語った。

 初日からチームに合流したのは主に国内組で、フィールドプレーヤー8人とGK3人の計11人。フィジカルトレーニングやパス回しなど、1時間半程度の比較的軽い練習で1日目を終えた。

 日本はパリ五輪の出場権をかけて、北朝鮮とホーム&アウェー方式で対戦。2月28日に行なわれるホームの第2戦は、国立競技場での開催が決まっているものの、24日のアウェーの初戦は、いまだ会場が未定となっている。

 田中美は「24日に北朝鮮と試合をするのは変わらないので、場所が未定なことに関しては、それほど選手に影響はないのかなと。スタッフのほうが手配とか大変だなって思っています」と現状を冷静に見つめた。
【PHOTO】パリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との2連戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!
 また昨年10月に行なわれたアジア競技大会で北朝鮮の試合を見たという田中美は、相手の印象をこう分析した。

「変わらずフィジカルがありつつ、嫌なところでファウルだったり、身体をぶつけてきたり、ギリギリまで粘ってくるという印象はあります。対戦相手はそういうふうにくると思うので、こっちも泥臭く戦うところは見せていかないといけないなと思います」

 大舞台への切符を掴むため。29歳のストライカーは、「甘くはないのをみんな分かったうえで、色んな準備をしている。いままで積み重ねてきたことをその試合で出して、相手にぶつけられれば、必ず勝てる」と意気込みを語った。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...

【記事】遠藤航とマカリステル、起用すべきは? リバプール地元記者が見解「どちらかを選ぶのなら...」

【PHOTO】北朝鮮との連戦に向け、なでしこジャパンが始動!帯同した11名の選手とスタッフが、笑顔で汗を流す!
 
【関連記事】
「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...
遠藤航とマカリステル、起用すべきは? リバプール地元記者が見解「どちらかを選ぶのなら...」
「グラウンド状況の視察自体ができない」なでしこJ、北朝鮮戦が平壌開催となった場合の懸念点は? 開催地が未定に
「ひどい傷だ」危険タックルを受けた南野拓実の痛々しい“傷痕”にファン驚き!「すね当てをしてなかったのか?」
アジア全体のレベルは上がった? 中村俊輔は「分からないな」。自身は連覇を経験「俺らの時だってギリギリで勝った」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ